スナックでの同伴システムは?水商売を選ぶ時に注意したいこと

スナックに勤める女性が気にしておくべきシステムには同伴と言うものがあります。水商売にはスナックをはじめ、クラブやキャバクラ、ガールズバー、セクキャバまで、いろいろなものがあります。 どれをとってもお客様との同伴出勤のシステムがあり、それぞれのお店のタイプによって内容が少しずつ違います。スナックは水商売をやったことのない人が最初に始めることの多いお店ですが、同伴の必要性や稼げるかどうかなど、勤める前に調べておいた方が良いでしょう。 そんなスナックの同伴システムをいろいろな水商売の同伴を比べてみました。

スナックの同伴システムとは

スナックの同伴システムとは スナックというとどんな印象をお持ちでしょうか?もしもあなたが若い女性だった場合には、スナックに行ったことがないかも知れません。スナックと言うとバーのように「止まり木」と呼ばれるカウンターを持ち、それを中心としてママやマスターがアルコールを提供するようなイメージでしょうか? 確かに多くのスナックにはカウンターがあるようです。それにプラスしていくつかのテーブル席があり、女性はカウンターの内側、またはテーブル席に着いて接客をすることになるでしょう。 一緒にお酒を飲んで楽しませるのが基本の仕事となりますが、その延長でお客様に気に入られたら同伴をすることもできます。

スナックで同伴する時の注意

どんなお店の同伴であっても、男性客と一対一で過ごすことのリスクがあります。同伴は、お店に出勤する前にお客様と食事をしたり遊んだりしてから出勤時間に合わせてお客様をお連れするシステムです。外で遊んで満足して帰ってしまったり、二人きりなのを良いことに性的な行為を要求することもあります。スナックでは通常、お客様はママやマスターと顔なじみになっていて、ひどいことはしないと思われますが、実際に二人きりになったら分かりません。

スナックの同伴システムはさまざま

スナックでは同伴システムがある店とない店に分かれているようです。また、同伴をしても料金が発生しないお店もあったり、それぞれのスナックによって同伴料金が違ったりします。スナックは、キャバクラやクラブなどとは違い、それほど同伴に重きを置いていないことも多いため、店の外でのお付き合いをしなくない人も働きやすい職場を選びやすくなります。

スナックだと同伴料金がある店やない店がある様です。 あとは当然、食事代等がかかってきます。

スナックで同伴をしたらいくら?

スナックの同伴料金はおおむね3,000円程度となります。その金額が全て同伴した女性のふところに入るかどうかは店次第です。同伴は時間的な拘束もあり、面倒もあるため、少なくともいくらかのバックはあるはずです。 同伴料金があるスナックであれば、同時に指名料も発生することが多くなります。それもまた、同伴料金のようにバックされるでしょう。

多くの店では同伴バックがホステスにあります。3000円の同伴代なら、1000円か1500円でしょうか

スナックで同伴するのはお得?

スナックではキャバクラほどの同伴の旨みは少ないかも知れません。基本的に余り大きな箱(店の規模)を持っていないことから、女性スタッフ同士の売り上げ競争も少なく、お客の奪い合いもありません。 その分気楽ではありますが、基本的に売り上げに関係なく時給制で、同伴がお給料にあまり反映しません。ガンガンお客様と同伴して、指名を取って・・・と稼ぎたい人はスナックよりもキャバクラなどの方が合っているでしょう。

スナックと他のお店の同伴システム比較

nkj52_kanpaisurudansei_tp_v スナックで勤める前に、それ以外の同伴システムや勤めるために必要なノウハウなどを理解しておくことも大切です。水商売と言っても、意外とその差は大きく、内容によっては相性の良し悪しがあります。ここでは、スナック以外のメジャーなナイトワークと比較してみます。

生半可な気持ちでは勤まらない高級クラブ

クラブは水商売と呼ばれるお店の中でもっともハイスペックな女性の集まる業界と考えても良いでしょう。永久指名と呼ばれるシステムを採用しており、同伴も指名してもらったお客様としか行いません。指名を変えることができないため、一度お客様をゲットすれば安心です。 ただし、クラブに働く女性は全て個人事業主であり、時給制などのお給料ではありません。自分の売り上げがあれば一番稼ぎやすい反面、お客様を呼べないと苦しくなります。バイトで働きたいなら「ヘルプ」で入店することもできますが、ヘルプでも話題の豊富さや言語力、容姿のレベルなどは求められます。

みんなライバル!同伴も必須のキャバクラ

キャバクラはスナックとは違って規模の大きいお店もあり、女性同士の競争も激しい水商売です。同伴はすればするだけ自分の売り上げとなります。基本的にはマナーとして指名客を他の女性が取ることはしませんが、男性客には永久指名の縛りはないため、指名が変わるリスクはあります。 同伴や指名料などのバック率はスナックよりも良い店が多く、稼ぎたい人には適しています。クラブほどの高級感はなく、ちょっとお金儲けがしたいという女の子もたくさんいます。ただし、同伴ノルマや同伴デーなどが設けられていて、ノルマをこなせないとペナルティーでお給料が引かれてしまうこともあるようです。

キャバクラ(ニュークラブ)は、時給+指名料+同伴料。お店によって、ボトルバックやドリンクバックがある。毎月結果によって、もらえる時給が変わるポイント制のお店が多い。結果次第で時給10,000円以上の子もいるが時給2,000円以下の子もいる。

気軽で楽しいガールズバー

スナックと同じようにバーカウンターがありますが、ママやマスターのようなまとめ役や経営者があまり表に出ないお店です。女の子がカウンターの中から飲み物を提供して、そのままお客様と会話をします。指名を受けることで指名料を得ることはできますが、同伴まで行わなくても良いお店も多く、自由度が高くなります。 スナックと似た店内ですが、どちらかというと客層と女性の年齢が若い傾向が強く、ワイワイした雰囲気のお店も多くなります。また、スナックではテーブル席に着いて飲んだり会話をすることもありますが、ガールズバーの女の子たちはお客様の席について一緒にお酒を飲みません。

水商売と風俗の中間?のセクキャバ

これまでのお店は会話を中心とした接客でしたが、セクキャバはプラスアルファのサービスを提供するお店です。お客様の席について会話もしますが、ボディタッチを目的で来るお客様の多いお店となります。当然男性客ばかりとなっており、スナックのように男女限らない客層と言うわけには行きません。 ボディタッチの程度は店によっていろいろですが、上半身をあらわにすることもあります。同伴をすると性的な接待を求められることも多いため、基本的に同伴は必要ありません。スナックが初心者向けであるのに対して、クラブとは違ったレベルの厳しさがあるでしょう。

同伴ができないならスナックが安心かも

同伴ができないならスナックが安心かも 同伴をしなくてもあまり問題視されない水商売を選ぶなら、スナックやガールズバー、セクキャバなどがあります。しかし、ガールズバーでは比較的時給が低いお店もありますし、セクキャバではおさわりというハードルが邪魔します。 そのため、同伴はできないけど水商売で稼ぎたい人にはスナックが合っているかも知れません。