セクキャバ嬢は同伴が必要?下心をあおらないように要注意!

セクキャバ嬢の同伴にはいろいろと困ったことが多いものです。セクキャバ嬢もキャバクラやクラブと同じように同伴をお客様から誘われることもあります。 しかし、実際に行ってみると大変な思いをすることもあるようで、セクキャバ嬢はあまり積極的には同伴に行きたいとは思わないようです。 快適にお勤めできるように、セクキャバでの同伴のリスクを理解した上で安全な方法を見つけましょう。

セクキャバ嬢の同伴はリスクが高い?

セクキャバ嬢の同伴はリスクが高い? これからセクキャバ嬢になる人も、今現在バリバリと働いている人も、お店の外でお客様と会う同伴のリスクについて考えておきましょう。セクキャバはセクシーキャバクラというところで、キャバクラのちょっとエッチなバージョンです。おっぱいパブという名前で同じようなシステムのお店もあります。基本的には、キャバクラのようにセクキャバ嬢がお客様の席に着いて接客するスタイルです。 セクキャバ嬢のお仕事はキャバクラのようにおしゃべりを楽しませるだけではありません。おさわりアリのサービスになっていて、キスやボディタッチなどお店によってさまざまな「ちょっとエッチなサービス」を提供します。 そのため、セクキャバ嬢と同伴するとそれ以上のサービスを求めてしまう男性が多くなり、ホテルに行ったりエッチな行為を要求されるなどのケースも見られます。

キャバよりエッチがしやすいと思われているセクキャバ嬢

キャバクラは、基本的におさわりなどのエッチなサービスはありません。お客様はキャバ嬢と一緒にお酒を飲んだり会話やゲームなどを楽しみます。そのため、同伴でもその延長線上でお酒や食事、会話を中心とした過ごし方をすることが通例となっています。(もちろん違う人もいます) ところがセクキャバではおさわりのサービスもあるため、同伴ではそちらの延長線上でエッチな行為を求める人の割合が高くなると言われています。人それぞれですから、キャバクラでもエッチな行為を期待する人はいますし、セクキャバでもスマートに楽しんでくれる人はいます。 しかし、セクキャバのフロア内ではすでにバストを触ったりキスをしたりできるため、同伴ではプラスアルファを期待してしまう人が多くなるのです。

セクキャバ嬢に誘われて、よく同伴デートしているのですが、自分は食事をしたり、カラオケしたり、所謂デートスポット的な場所に行くだけですが、デート中に店では出来ないような事(SEXや下半身を触る的なこと)をしても良いものなのでしょうか?

男性が考えるセクキャバ嬢との同伴のメリット

セクキャバ嬢との同伴には、キャバクラのように同伴料金がかかることが多いものです。そのため、セクキャバ嬢と同伴する男性はその料金分の見返りを期待してしまいます。 すでにセクキャバ嬢のバストくらいは見たり触ったりしているので、普通のキャバクラの同伴と同じようにご飯を一緒に食べてお話をするだけでは物足りなくなっているのでしょう。次々と欲求が高まっていくのは男性の性ですが、セクキャバ嬢としては厄介な話です。

私の場合セクキャバなので、店でもキスや胸を触り&舐めはしています。なので同伴して食事を奢っても、それ以上(つまりセックス)のことができないと、私にメリットが感じられません。

セクキャバ嬢は同伴をした方が良いのか?

セクキャバ嬢は同伴をした方が良いのか? セクキャバ嬢でもキャバ嬢でも、同伴をすれば指名客となってもらえて収入が増えるというメリットはあります。そのため、積極的に同伴をする人もいるでしょう。 しかし、セクキャバ嬢の同伴は基本的に必須というわけではありません。お店でもあまり同伴を推奨しておらず、キャバクラのように同伴ノルマや同伴デーなども設けていないことが多いのです。

セクキャバ嬢の同伴は店として必要?

セクキャバ嬢にはリスクの高い同伴ですが、店側も同伴によってセクキャバ嬢が男性客と親密になりすぎることはリスクとなります。お店の外でも同様のサービスをしてしまうとセクキャバに来る必要がなくなってしまうため、そうなりやすい同伴はあまり歓迎していないお店もあります。 また、キャバクラとは違う点として、セクキャバは同伴なしでもお客様を引っ張ることができるというメリットがあります。 女性の体を触れるお店はキャバクラよりも男性のリアルな欲求に訴えることができるので、同伴なしの来店やフリー客でも売り上げが見込めることも多いのです。そのため、店によっては同伴料金がない場合もあるようです。(売り上げアップで一応収入には反映しますが)

セクキャバ嬢が同伴で気をつけたいポイントとは?

green20160902090216_tp_v セクキャバ嬢の中には、同伴でおいしい食事を楽しんだり、ゆっくりと出勤する同伴出勤のメリットを生かしている人もいます。セクキャバでも同伴であれば開店時間よりも遅い時間に入店できるシステムもあるので、上手に使えばいい思いもできます。 しかし、同伴で食事を楽しんだ後にホテルに誘われたり、エッチなことを求められる可能性はあるため、自分の嫌なことをされないように注意が必要です。 いざ二人きりで食事に行ってから迫られたりすると、断ったり逃げたりしてお客様との関係も悪化します。そのため、同伴に応じる前に「エッチなことはしない」スタンスを伝えておくべきです。

同伴では一女性として扱って欲しいと言う

セクキャバ嬢と言えど、お店の外では一人の女性です。お店の中ではおさわりやキスなどのきわどいサービスもしますが、それは仕事でありいつでも誰にでもすることではありません。 同伴ではお店の外で過ごすのですから、一人の女性として扱って欲しいということは普通の願いです。同伴では食事などのデートを楽しみたいと伝えて、それでも良いなら同伴をOKしましょう。外で会って相手が豹変したら毅然と断ることも必要です。

リスクの高い同伴はしない

同伴は一対一で向き合うため、力の弱い女性には不利な条件となります。もしもなにかされた時に助けてくれる黒服スタッフもいないため、リスクが高そうな同伴は一切受け付けないようにしましょう。 あまり馴染みではないお客様からの申し出は注意が必要です。初見のお客様がすぐに同伴を申し出た場合には、外に連れ出してエッチに持ち込もうと考えている可能性が高くなります。また、カラオケボックスや個室の飲食店、自動車の移動なども避けた方が良さそうです。

そもそも同伴をしなくて良いセクキャバ

セクキャバ店では同伴のメリットがキャバよりも少ないため、それほど強く同伴を求める店はありません。そのため、同伴を希望されても「忙しくて・・・」と断ってしまっても良いのです。 当然相手を不快にしないような断り方は必要ですが、上手に断ることができれば自分を目当てに通ってくれるかも知れません。

キャバクラのような水商売では、お客さんと一緒の同伴出勤や、お店が終わった後のアフターといったことがとても営業的に大事になります。 ですが、セクシーキャバクラ(セクキャバ)の場合にはそうした制度が無いお店が大半です。なので、勤務時間外も活動しないと稼げない…というようなことになりません。

自分の時間も大切にすることができ、お客様との会話が苦手な人でも選びやすいジャンルとなっています。指名争いやノルマなどの厳しさも少ないので、嫌々ながら同伴にお付き合いすることも避けられます。

セクキャバで働く女性の中には、キャバクラで働くには会話が得意じゃなかったからセクキャバに来たのに。という女性も少なくないと思います。

ただし、当然売り上げが多い方が高収入となるため、来店してもらうためやつなぎとめるためには多少のお付き合いが必要となることはあります。

セクキャバ嬢の同伴は無理なくできる範囲で

kawamura20160818403614_tp_v セクキャバ嬢は同伴の義務やノルマが厳しくない、必要とされないことが多いようです。そのため、同伴するメリットを感じなかったり危険と判断した場合には、お断りしても大丈夫です。同伴する場合には、男性の下心まで読み取って、慎重に安全な過ごし方をしましょう。