同伴に結びつく店外デートの断り方は?売上げに繋げて人気キャバ嬢に

キャバ嬢にとって同伴は最高ですが、単なる店外デートやアフターにはあまりメリットがありません。そのため、同伴以外のデートはお断りしたいもの。 でもせっかくお客様は自分に興味を持ってデートに誘っているのですから、上手な断り方でそれを同伴のチャンスに繋げてみましょう。同伴以外のデートの断り方がスマートにできないと、お客様に「同伴しかしない」「金鶴と思われている」などと捉えられてしまう恐れがあります。 ピンチをチャンスに変えるためには、こちらの下心を読み取られないように注意することが必要です。

同伴は良いけど店外デートは嫌、という本音

同伴は良いけど店外デートは嫌、という本音 キャバ嬢にとって同伴はメリットが大きく魅力的です。そのため、同伴を断ることは基本的にはありません。店側としても同伴してもらうことで早い時間帯の客の入りを確保できますし、売り上げになるため、積極的に受けてもらいたいと思っています。 しかし、それ以外の店外デートやアフターは店になんのメリットもないため、店はノータッチが基本となっており、中には禁止していることもあります。

同伴は収入アップに結びつく

同伴出勤は、キャバ嬢がお店に出勤する時に自分のお客様とご一緒するというシステムです。同伴をすればお店に利益となりますので、キャバ嬢にもその見返りが与えられます。それは、同伴料や同伴ポイントなどの収入のアップです。 また、同伴をすれば当然そのお客様の席に着くことができ、本指名として指名料もゲットできます。当然お客様から頂くドリンクや頼んだボトルなどのバックも入ります。 同伴と店外デートには天と地ほどの差があります。店外デートは全く収入に繋がらないばかりか、自分のプライベートを割くこととなり、時間の無駄と考える嬢も多いものです。

お店に来なければただのプライベート

同伴でなければ会わないという断り方をした場合、「では同伴をしよう」と言ってくれる人もいます。しかし、中には同伴と言ったのに約束を守らず、会った後お店に行きたがらない人もいるようです。

お客様が外で会いたいという事は、お金を払わずに お店では出来ない様な親密な関係を持ちたいという事です。 それが成功すれば以降、あなたに会う為に お店に金を払いあなたを指名する必要がありませんので。

このような人は今後同伴してくれる可能性も低くなるので、徐々に疎遠にしていっても良いでしょう。初回来店からすぐに外に誘うようであれば、来店すら期待できません。断ったことで焦って通い始めるかも知れないので、時には思い切った判断も必要です。

アフターもメリットなし

同伴以外にアフターもキャバ嬢にあまりメリットがありません。これも上手な断り方で同伴に結び付けていきたいものです。初回でアフターに誘われた場合以外は、店外デートのお誘いより同伴に結び付けやすいかも知れません。店の外だけで会おうとする人よりもお店に来ることに抵抗がないため、何とか良いお客様にしたいものです。

お礼の意味でたまにはOK

常連のお客様や自分の太客など、大切にしたい人の場合には、お礼の意味で店外デートするのもアリです。ただし、あまり頻繁に外で会うと店に来なくなるリスクもあるので、良いお付き合いを続けるためには断ることも必要となります。

もちろん、良くご来店いだいているお客様と、休みの日に時々お会いするのは、「特別扱いされた」と感じ効果的な場合があります。

同伴以外のデートの上手な断り方

同伴以外のデートの上手な断り方 店外デートやアフターは体のいい断り方で避けつつ、なんとか同伴に結びつけたいものです。しかし、男性客の立場としては同伴よりも自由にキャバ嬢と遊ぶことができる店外デートを望みます。 売り上げの多いキャバ嬢になるには、男性客の気持ちを理解した上で同伴へと持っていくような断り方が必要です。

昼職のせいにする断り方

キャバ嬢の中には昼間はOLなどをしているという掛け持ちの人も多いものです。実際に昼職をやっているかどうかはともかく、断り方としては効果的です。 店外デートに誘われた場合には「お休みの日がなくて」と言えます。それでもキャバクラが休みの日に夜会おうと言われることもありますが、その場合には残業で切り抜けましょう。ここまで徹底して断られたら、大概の人は諦めるか同伴を提案してくれます。

お店のせいにする断り方

お店が店外NGにしていてくれたら、それを正直に言うだけですが、お店がNGでなくても「あまりしないようにって言われてて」とちょっとだけNGを匂わせることはできます。店のスタッフにも口裏を合わせてもらえるように相談しておきましょう。店側もあまり店外デートはありがたくないので、きっと協力してくれます。

ワンランクアップ!同伴につなげる断り方

yk0i9a6212_tp_v 店外デートも断り方しだいで同伴につながる可能性があります。上手な断り方で同伴へと話を運ぶことができれば、そのまま売り上げアップを目指せます。ぜひワンランクアップの断り方を学んで、同伴を増やしましょう。

他に同伴の予定があると言う

お店のある日に誘われたら、他のお客様から同伴のお誘いがあるからと言って断ってみましょう。誘ったということは、そのお客様は自分に好意を抱いている可能性が高く、上手くすればジェラシーや対抗心を燃やして「自分も同伴する」となるかも知れません。 ただし、注意をしたい点もあります。そのお客様は嫉妬のあまり、指定した日に来店する可能性もあります。その時に同伴ではなく一人で出勤したところや席に着いていないところを見られるとウソがばれてしまうかも知れません。上手く嫉妬してもらったは良いものの、ウソで気まずくなるため同伴が少ない人はリスキーです。 同伴が多い人なら「今日はたまたまキャンセルで」と言ってごまかせますが、少ない人はこの断り方は二度と使わない方が良いでしょう。

同伴でないと時間が作れないと言う

昼職がある人や昼間は忙しいなどの断り方をしている場合には、同伴でないとゆっくり過ごせないからと言ってみましょう。昼の仕事が18時までとしたら、キャバの19時出勤までにデートをする時間はありません。同伴であれば20~21時くらいの出勤も可能ですから、「同伴なら会えるのにな」と付け足して反応を見ます。

同伴を避けたい時の断り方

同伴を避けたい時の断り方 同伴出勤はキャバ嬢の稼ぎのチャンスなので、できたら大いに利用したいのですが、どうしてもこの人とはしたくないということもあります。そんな時にはもちろん「行きたくない」とは言えないので、上手な断り方が必要です。 上記で出てきた「他に同伴が」の断り方は、かえって執着心を増してしまうことがあるため、「できたら同伴がしたい」人にのみ使いましょう。

一度の同伴よりも何度も会いたいと言う

同伴すらしたくない人であっても、お客様ですから断り方は慎重に丁寧にしましょう。同伴にはお金がかかるので、お客様のお財布事情に寄り添った断り方は効果的です。 同伴で一度にたくさんのお金を使うよりも頻繁に来て欲しいと言えば悪い気はしませんし、反対に気を使ってくれたと感じて好印象になります。

女の子としては、たまに会って長い時間過ごすより 1日に1セットでも2セットでもいいから、毎日会えるほうがうれしいものなの」

これは見事なせりふです。同伴は断りつつも来店を増やせる可能性もあります。

同伴や売り上げに上手く結びつける断り方を覚えて

同伴や売り上げに上手く結びつける断り方を覚えて 同伴出勤はキャバ嬢本人もお店もメリットの大きいものですから、基本的にはどんどん受けたいものです。 同伴以外のお誘いを受けたら、上手な断り方で同伴に結びつけていきましょう。同伴もデートもアフターも自分でコントロールをして売り上げや自分の快適さに生かすことが必要です。