水商売でも賃貸の審査に通るために注意したいこと8カ条

 水商売を始めるにあたって、まずは部屋探しからスタートする女性も多いですよね。でも、水商売だと審査に通りにくい賃貸が多いのも事実。

特に、賃貸を借りる条件のひとつに「定職に就いている」ことが挙げられることが多いので、これから水商売を始めようと思っている女性や、地方から東京や大阪などの都会に出て仕事を探そうとしている女性にとっては、ハードルが高くなるケースが多いようです。

 でも、水商売だからといって、賃貸を借りることが出来ないわけではありません。いくつかの点に気をつければ、審査を通りやすくすることは出来るのです。

 水商売の女性におすすめの、賃貸の審査を通りやすくするためのコツについてお伝えします。

水商売が審査に通りにくい理由


 どんな仕事をするにも、まず拠点となる住居が必要になります。賃貸物件の場合、まず間違いなく不動産会社の「審査」があります。その審査を通過しなければ、理想とする住居に住むことは出来ません。
 この審査をクリアしやすい職業と、しにくい職業とがあります。水商売は、審査で引っかかることが多い職業と言えます。

審査の基準は収入の安定性

 あなたが入りたい物件を所有している大家さんの気持ちになって考えてみましょう。

 大家さんは、賃貸の家賃収入を得て生活しています。となると、どういう人に入居して欲しいか?と言えば、「毎月必ず家賃を納めてくれる人」ですよね。つまり、収入が安定している職業の人です。
 会社勤めのサラリーマンは、ダントツで賃貸物件の審査に通りやすいです。収入が安定していることに加え、「ちゃんとしている人だろう」という、暗黙の了解を得られるからです。

 その点、水商売は固定給でないことが多いため、収入が不安定と見なされがちです。調子のいいときにはたくさん稼いでも、実入りの悪いときには収入が少なくなってしまうからです。

「ひとつの場所に長く勤める」という印象が薄いのも、水商売が不安定と見なされる理由のひとつかもしれません。審査に通る通らないは、こういう、なんとなくの印象で決まってしまうことも多いのです。

トラブルを避けたい心理

 もう一つ、賃貸の大家さんが気にするポイントは、「他の住人とトラブルを起こさず住んでくれるか」という点です。何かトラブルが起きれば、その解決の責任は大家さんにかかってきます。出来るだけクレームやトラブルが少ない方がいい、と思うのは、人間の自然な感情ですよね。

 水商売の場合、夜遅くに帰宅する、深夜に生活音を立てる、といったトラブルを危惧されるケースも多いようです。物件を借りたいと思っているあなたが、音には十分気をつける人だったとしても、「出来るだけトラブルの可能性を低くしたい」という心理がはたらいて、「水商売」というだけで審査をはねられてしまうかもしれません。

「前に住んでいた水商売の人がトラブルメーカーだったから」という理由で、水商売お断りを掲げているケースもありました。前の住人と、新しく入ろうとしている人とはまったく別人格なので、理不尽なようですが、残念ながら、こうした実態があるのも事実です。

水商売でも賃貸の審査に受かるためには?


 しかし、安心してください!水商売だからと言って、賃貸物件が借りられないということはありません。
 いくつかのコツを抑えれば、きっといい賃貸物件に巡り合うことが出来ますよ!

1.インターネットを活用!

 このインターネット全盛時代、ネットを活用しない手はありません。まずは、「水商売OK」の条件で、物件を検索してみましょう。

 現在は、水商売専門の不動産サイトもあります。例えば、これから都会へ出てお店を探そうと思っている人は、まずネットでそうした不動産サイトを検索して、周辺の状況を把握するのもいいかもしれませんね。

2.繁華街の近くで選ぶ

 東京・大阪・名古屋といった大都市も、地方都市も、繁華街には必ずクラブやキャバクラ・ラウンジといったお店があるものです。当然、そこに働く人たちが住む場所もあるわけで、繁華街を中心に探すと、水商売の人でも借りやすい物件に当たる確率が高くなります。

 夜遅くまで賑わう場所だと、そうした生活サイクルに適した人たちが住んでいるので、昼夜が逆転しているからといって、トラブルになる可能性も低くなります。

 逆に言えば、繁華街の近くは、日中勤務の勤め人や、学校に通う年齢の子どもがいる家庭などは、入居を避けるものです。そのため、賃貸の物件も、空き部屋がある可能性が高いです。

 物件の所有者としても、空き部屋は少しでも減らしたいと思うもの。条件さえ合えば、水商売であっても、入居OKの物件も少なくないはずです。

 夜のお店が集中している場所に的を絞って、その周辺で賃貸探しをすると、より効率よくいい物件に巡り合えるかもしれません。

3.保証人を立てる

 賃貸物件は、自分一人だけでは借りることが出来ません。本人に「毎月必ず家賃を納める」という意思があったとしても、不測の事態で払えなくなる場合も出てきます。そうした事態に備えて、「連帯保証人」の制度があるのです。

 連帯保証人は、借り手に何かあった場合、代わって家賃を納めるという重い責任を負う役割です。そのため、親か、出来るだけ近い親族が連帯保証人になるのが一般的です。

 連帯保証人が問題なく立てられれば、審査の通過率はかなり高くなります。出来るだけ保証人を立てるようにしましょう。

「親に保証人を頼むと、何の仕事をしているかばれてしまうのでは…」と心配する人もいるようですが、賃貸の保証人になったからと言って、借り手の職業が何であるか知らされることはほぼないと言っていいでしょう。

 普通に「賃貸を借りたから」という説明で事足りるケースがほとんどです。

 実家と疎遠になっている人は、親しくしている年上の人に保証人を頼むケースもあるようですが、賃貸の連帯保証人は、決して軽くない責任がかかってくるものです。そのため、連帯保証人は親族のみに限定している不動産会社も少なくありません。

 万一のことを考えても、全くの他人に連帯保証人を頼むのは、避けておいた方がいいでしょう。

4.保証会社の利用

 何らかの事情があって、親や近しい親族を頼ることが出来ない場合は、保証会社を利用することが出来ます。これは、親族に変わって連帯保証の責任を肩代わりしてくれる業者のことです。

 水商売OKの物件を扱っている不動産会社の営業マンなら、保証会社のことも詳しく知っていますので、聞いてみましょう。

 保証会社を利用する場合、借主と保証会社の間で、保証委託契約を結びます。入居する際、借主は保証会社に、家賃の50~100%の保証委託料を払います。

 借主が家賃を払えない事態が起こった場合、保証会社が借主に代わって家賃を払います。

 保証会社と契約する場合、個人の信用情報の照会が行われるケースがほとんどです。過去に、家賃の滞納や、携帯料金の滞納、事故などがあれば、契約は出来ません。

 また、収入の状況を書類で提出することが求められます。給料明細や通帳のコピーが提出出来るようにしておきましょう。預貯金があると、審査に通りやすくなります。

 クラブのホステスか、キャバクラか、といったお店の種類によって、通りやすかったり、逆に落とされやすかったりもするようです。

 ひとつの物件につき、利用できる保証会社は決まっています。保証会社にも、審査がとても厳しく、水商売ではほとんど通らない会社と、給料明細などの書類がきちんと揃えられれば、審査に通りやすい会社があります。水商売勤務で、保証人が立てられない場合は、保証会社をどこにするかが賃貸物件の審査に通るかどうかの決め手になることが多いので、事前によく調べて、審査に受かりやすい保証会社の物件を選ぶことも重要です。
 

5.条件を絞り過ぎない

 これは、どの職種の人にも言えることですが、よい賃貸物件に巡り合うためのポイントは、「条件にこだわり過ぎない」ことです。

 駅から5分以内で、築浅で、南向き、エレベーター付、家賃は○万円以下…といったこだわり条件で探していると、ヒットする物件の数がとても少なくなってしまいます。

 特に、水商売勤務だと、ただでさえ審査に受かりにくいというハンデがあるので、条件は「どうしても」というものを除いては、出来るだけつけないようにしましょう。

 駅からはちょっと遠いけど、その他の条件が完璧だった!というような奇跡の賃貸物件に巡り合うチャンスもあるかもしれませんよ。

6.シーズンオフを狙う

 部屋探しのコツのひとつが、「シーズンオフの物件を狙う」ことです。

 進学・就職・異動による引っ越しが集中する2~4月は、大勢の人が部屋探しをするハイ・シーズンとなります。限られた期間で部屋を決めてしまわなければならない人が多いため、部屋の貸し主にとって有利な条件となります。

 しかし、5月、6月を過ぎても部屋が埋まらない場合、物件の所有者も焦ってきます。入居者を呼び込むために、敷金・礼金を下げたり、家賃を下げたりすることもあります。

 6月・7月・8月は、気候の影響もあって、引っ越し料金が安くなっている場合が多いです。転居の時期を自分で選べるなら、こうした「シーズンオフ」を賢く利用するというのもひとつの手ですよ。

7.不動産会社に行くときの服装に注意!


 さて、ネットで検索してある程度候補を絞り込んだとしても、最終的には不動産会社の営業店舗に足を運びますよね。
 どんな服装で行きますか? 自分がお客だから、普通にラフなスタイル?

 ところが、ここが注意のしどころ。不動産屋に行くときには、見た目の印象に特に気をつけなければなりません。

 なぜなら、その人を見たときから、不動産屋の「見た目審査」が始まっているからです。

 不動産屋の営業としても、出来るだけ「きちんとした人」に物件を貸したい、という大家さんの意向に、出来るだけ沿いたいと考えているのです。

「きちんとした人」とは、

  • 社会的常識を備えている人
  • 堅実に勤めていそうな人
  • トラブルを起こさなそうな人

     のことを指します。

     そして、「きちんとした人」かどうかは、ほぼ見た目の印象で判断されます。ですので、「きちんとした人」に見られるような服装・メイクで行かなければなりません。

    髪の毛を盛らない

     お店に出るときのような盛り髪はNG。OLさんかな?と思われる髪型を心がけましょう。ロングの人は、髪の毛をひとつで括り、顔回りをすっきりさせると印象がアップするかも。

    肌の露出を避ける

     胸元が広く開いた服装はやめておいた方がいいでしょう。身体の線があまり出ない方が好ましいですね。派手でなく、オフィス街を歩いても浮かない色使いのものを選びましょう。足を出すのもほどほどに。

    ヒールよりフラットな靴で

     高めのヒールは、足が綺麗に見える必須アイテムですが、どうしても夜の商売のイメージを彷彿とさせるものでもあります。

     スニーカーで、とまではいいませんが、なるべく踵が低いものを選ぶ方がベターです。

    アクセサリーは最小限

     キラキラのアクセサリーが身体の至るところで光っていると、どうしても「チャラチャラしている」という印象を与えてしまいがち。不動産会社を訪れるときは、最小限にとどめましょう。何もない方がいいかもしれません。

    ネイルはNG

     髪の毛同様、ネイルも盛ってはいけません。昼の世界では、女性のネイルに抱く男性の印象は、あまりいいものではありません。

     爪は短めで、マニキュアを塗るとしても、肌の色に近い、ナチュラルな印象のものにしておくことをおすすめします。

    ナチュラルメイクで

     女性のメイクは、その人の属性を示す重要なポイントです。目の周りを色んなカラーで塗り分け、くっきりアイラインで強調して、付け睫毛&がっつりマスカラ…これは、THE・水商売とでも言うべきメイクです。お店では、あなたの魅力を十分に発揮できるメイクでも、人柄を見きわめられる不動産屋ではふさわしいとは言えません。

     メイクはあくまでナチュラルに仕上げましょう。アイメイクも抑えめに。チークや口紅も、赤すぎるものはやめておいた方がいいでしょう。

     以上のことに気をつけた上、丁寧な話し方を心がければ、あなたの印象はぐっとよいものになるはずです。
     不動産屋さんから、「この人に是非いい部屋を紹介してあげたい」と思ってもらえるよう、頑張ってみてくださいね。

    8.不動産会社の営業を選ぶ

     もうひとつ外せないのが、「信用できる相手を選ぶ」ことです。

     賃貸を借りるにあたっては、あなた自身が審査の対象ですが、逆にあなたも相手を選ぶ権利があります。

     担当についた営業さんが信用できそうかどうか、しっかり見極めてください。

     いいことばかり言う人は、あまり信用出来ないかもしれません。メリットとデメリットを正直に教えてくれる人を選ぶようにしましょう。

     誠実で仕事が出来る営業さんに当たれば、きっとあなたの心強い味方になってくれるはずです。

    まとめ:情報を賢く利用して賃貸選びを!


     いかがでしたか?

     水商売の女性は、賃貸の審査が厳しいのは事実ですが、情報をうまく利用すれば、借りられないということはありません。
     周りの人に色々教えてもらいながら、是非よい物件を探してくださいね!