【2019年最新/保存版】気配り上手なキャバ嬢になれる!同伴料金でビックリさせない術

キャバクラやクラブ、セクキャバなどでは同伴するとプラスアルファの料金がかかります。キャバ嬢をやっていれば、そんなことは当たり前のことですが、お客様の中には「そんなこと知らなかったよ!」と言う人もいるようです。
遊びなれていない男性客と初めて同伴する時には、男性のお財布事情も考えて、同伴に関する料金システムを教えてあげましょう。「オレのこと気遣ってくれている?」イコール「オレ、キャバ嬢に気に入られているかも!」と喜んでくれるかも知れません。

同伴料金は先に教えてあげよう

一生のお願いです
キャバ嬢をやっていれば、当然の同伴料金や指名料、サービス料、ドリンク代・・・。自分にとっては当たり前だから、ついつい相手もみんな知っていると思いがちです。でも、遊びなれていない男性にとってはこうした料金のシステムは見慣れないものとなり、お会計の時に「え、なんでこんなに高いの?!」とビックリしてしまいます。
男性は意外とお金に対してシビアな考えの人も多く、お金をたくさん持っている人や会社経営などをしている富裕層でもお金に細かいことがあるものです。お金持ちはお金にシビアで細かいからこそお金持ちなのです。こうした人たちは一度お金のことで嫌な思いをすると、お店から足が遠のいてしまうことがあります。
そのため、同伴をしてもらったのは良いけど、料金に不満を持たれてしまうとその後が続きません。音沙汰なしになってしまうケースなどもあり、長く自分のお客様として来てもらいたい場合には大損です。
一流の水商売の女性はお客様にお金の心配をさせません。同伴にせよ、どんな遊び方をするにせよ、料金システムまで納得した上で遊んでいただくように心がけているものです。せっかくのご縁なので、不愉快な思いをさせないために、同伴を快諾してもらったら料金についてもそっと耳に入れておいてあげましょう。

同伴料金の一般的な相場は?

取引先の接待で領収書をもらい忘れてしまっても、交際費にできますか?
キャバクラやクラブ、セクキャバなどで働いていると、ある程度の料金の知識は入っているはずですが、意外と細かいことは知らないというキャストも多いようです。小さなスナックなどであれば女性従業員がお会計をすることもありますが、キャバクラなどのお店では男性スタッフがお金を管理していて女性キャストはノータッチです。そのため、キャバクラなどで女性キャストが料金を細かく理解するためには自分で勉強しなければいけません。
また、キャバ嬢初心者や1店しか知らないキャストは、他の店の料金システムが分からないため、自分の店が相場よりも高いのか安いのかも判断できません。しかし、近隣のキャバクラなどがどんな料金システムなのかを理解していると、お客様にこっそりと質問された時などに役立ちます。

初めての入店は男性も不安

初めてキャバクラに入ったという人は、男性客でも不安がいっぱいです。今は少なくなりましたが、いわゆる「ぼったくり」のお店であるリスクもあり、初めての店では料金を気にして飲む人が多いでしょう。

2015年頃から歌舞伎町のぼったくり店が摘発されたニュースを見る機会が増えました。しかし実際はまだまだぼったくりの相談は多いようです。

そんな時にキャストがこちらから「この辺のお店の相場はこれくらいだよ」と教えて「うちの店の料金はこれくらいだから安心してね」と言ってあげられたら素敵です。男性スタッフに聞くこともできますが、男性同士ということもあってプライドが邪魔して聞きにくいこともあるのです。また、可愛らしいキャストからこっそり耳打ちされたら、それだけで儲けた気分になるかも知れません。

同伴料金の相場は大体3,000円から5,000円程度

一般的なキャバクラでの同伴料金の相場は、大体3,000円から5,000円程度となっています。このうちの一部が同伴してもらったキャストのふところに入ります。直接バックされない場合でもお給料に反映されます。
同伴料金だけを見れば、大したことない金額にも思えるかも知れませんが、実際には店に行く前にキャストと自分の食事代やカラオケ代などをすでに支払っているため、なかなかの出費です。

同伴にまつわる店の料金システム

同伴してキャストと店に入ると、それ以外にも意外と多くの料金が発生しています。同伴に付随して発生する料金としては、セット料金や指名料、ドリンク料、サービス料などがあります。

セット料金

セット料金は、同伴の有無に関わらずかかる基本料金です。ハウスボトルとフリーのキャスト、あとはお店によって何らかのサービス(ビール1杯タダ、チャームなど)がつくこともあります。店で過ごすだけでもかかる料金で、50~60分でワンセット、相場は5,000円前後となります。もちろん、時間を延長すれば延長料金がかかり、それ以外の飲食をすれば別途支払いが発生しています。

指名料

同伴をすれば、そのキャストがそのまま席につき、本指名ということになります。当然同伴料金プラス指名料がかかることとなり、延長すれば指名料も加算され続けます。キャストにとって同伴は同伴料金と指名料が一気に手に入るチャンスですが、一方では大きな支払いをしているお客様がいることを忘れてはいけません。

ドリンク料

基本料金以外の有料ドリンクやボトル、キャストの飲み物を注文することで発生する料金です。グラスで出てくるビールやカクテルなどは2,000円以内で済むものも多いのですが、杯を重ねると高額になります。また、割り物としてお茶やソーダなどを注文してもかかります。

サービス料

サービス料は、上記全ての料金にパーセンテージでかかる料金です。通常は10~20パーセント程度となり、メニューを見て計算していた人が「思ったよりも高い」と感じる原因でもあります。こうした料金は女性がホストクラブへ行った時にも見たことがあるかも知れません。

消費税の8%も含んでTAX(税サ)20%と表示しているお店と、サービス料15%・消費税8%と分けて表示してあるお店があります。
後者の場合はサービス料の15%にも8%の消費税がかかるので、実質24.2%が税サとして上乗せされます。

同伴料金を良いタイミングで教えてあげる

健康診断の結果にご満悦女子
同伴はしてもらいたいけど、同伴料金の高さに嫌がられるかも・・・これはちょっとしたジレンマですが、ダメ元で最初にはっきり言っておいた方が後々のことを考えれば安心です。数千円の同伴料金を出し渋るようでは、今後も楽しくお金を使ってもらえないでしょう。

同伴料金を伝えるタイミング

同伴料金を伝えるタイミングは、同伴のお誘いを受けた時や同伴のお願いをOKしてもらってからにしましょう。できれば、「どこに行こう」「何して遊ぼう」などの楽しい会話がちょっとだけ進んでから「そういえば・・・大丈夫?」と伝えるのが良いタイミングです。
基本的には支払えないような金額ではありませんし、その料金に対する価値があることを会話で伝えた後なのできっとスムーズに受け入れてくれるでしょう。

快諾してくれたらお礼を

同伴の約束は破られることも多いものです。その時の勢いでOKしてしまったものの「やっぱり高いかな?」「止めようかな」と後悔してしまうことがあるのでしょう。そんな時にも絶妙なタイミングで感謝の気持ちを伝えられたら、キャストの喜ぶ顔に後悔の気持ちも和らぎます。
会って約束を取り付けた場合には、翌日にメールでお礼を伝えましょう。その時には「楽しみにしています」と添えて男性のやる気を促すことも忘れずに。女の子の純粋な期待に答えたくなる男性の性をかきたてましょう。

同伴で気を付けるべき事

①お客さんの車に乗車するのは絶対やめましょう。ホテルに無理やり連れていかれる事があるからです。車を駐車してから、待ち合わせ場所に直接来てもらいましょう。

②個室空間に同伴するのもNGです。これも油断しているとしつこく口説いてくる、
体目的で迫ってくる等の厄介なお客さんに変貌しトラブルになるからです。

③お店は自分で決めましょう。ただし高いお店は避けること。
お客さんに指定してもらうと店から遠く離れた所になる事があるからです。また車に乗る理由を与えてしまう為①で説明したようなホテルに無理やり連れていかれる等のトラブルの元になります。必ずお店から近い場所を指定しましょう。
高いお店を避けるべき理由としては経済的な面や気持ちの面でお客さんに負担を与えてしまうからです。

同伴料金と同価値のおもてなしを

バーで寄り添うお忍びカップル
男性はキャバクラなどで同伴することによってかなりの散財をしています。同伴してもらうなら、料金を支払う男性の気持ちに寄り添って少しでも気持ちの負担を減らす工夫をしてあげましょう。また、同伴してよかったと思えるくらいのフォローとおもてなしをすることで、「また同伴しちゃおうかな」と思わせることもキャバ嬢の腕です。

【PR】キャバドレスならdazzystore

キャバドレス王道の専門ショップ。一度は目にしたことがある方もいるはず。
低価格なのに高品質として評判がいいドレス通販サイトとして有名です!
キャバドレスをはじめサンダルやカラコン小物まで魅力的な商品を毎週月、水、金、に入荷しています。そのため最新のアイテムをいち早く取り入れることができます!
1,900円代のドレスもありリーズナブルな価格も魅力です!
自社で企画したオリジナルドレスや、ブランドとコラボしたアイテム等も手掛けており豊富な品揃えが人気!17時まで即日出荷(※土日祝15:30)10,000円以上で送料無料です。
https://dazzystore.com/