水商売で成功するコツは?接客のテクニックを磨く3つの努力

<!–[CDATA[水商売の世界に入るなら成功したいのは当然ですが、成功するためのコツはあるのでしょうか?水商売では会話やマナーなどの技術も必要となりますが、生き残ろう、自分を磨こうという強い意志も必要です。 最初は会話などの接客技術を身に着けることから始めて、徐々に自分のオリジナリティを見つけたり自覚を持ってお仕事にあたることが大切になっていきます。技術と強い意志の両面を高められることが水商売のコツと言えるでしょう。

水商売のコツは「こつこつと」

tsu_ishinoue_tp_v1 水商売のコツやテクニックは一朝一夕では身に着きません。技術面でもやるべきこと、守るべきことは多く、最初は失敗を繰り返すことになるでしょう。また、一応の手順を覚えるのは簡単ですが、それを自分のものとして自然でスマートに行うには時間がかかります。 水商売で成功する人たちに共通していえることは、上を目指す向上心や何からでも学んで吸収してやろうという柔軟さです。何を身に着けるにせよ、「仕方なく」や「とりあえずやっておけばいいんでしょ」と言う気持ちではおざなりになってしまい、接客にも現れてしまいます。 接客にいい加減さが出てしまえば、失敗も増えてお客様は離れていきます。反対に失敗しても投げやりにならず、コツコツと一生懸命にやっていれば、お客様もきっと分かってくれて、お店に会いに来てくれるようになるのです。

いい加減な気持では出来ない水商売

キャバクラやクラブ、スナックなどに来るお客様には、そこで働く女の子たちに高い関心を持っていたり、「金目当てで利用されているのでは?」と疑心を持っている人も多いものです。 そんな人たちは女の子をよく見ているので、いい加減な気持ちもすぐに見透かされてしまいます。そのため、水商売に入った理由はどうあれ、お客様に接する上では誠意を持ってやらなければいけません。

水商売の会話のコツは聞き上手

pak141221020i9a5047_tp_v1 水商売で始めに必要となるのは、会話です。どんなタイプのお店でも来店するお客様はそこで働くキャストとの会話を楽しみにしてくれている人が多いものです。セクキャバなどのちょっとエッチなお店でさえ、お客様はいちゃいちゃしながらも、やはりおしゃべりをしたいこともあるのです。 しかし、会話をするのが苦手な人も水商売の世界にはたくさんいます。そういった人も会話のコツを身に着けることで水商売で成功することができます。自分で話すのではなく、会話の中心をお客様にすることで口下手な人でもスムーズに接客することは可能です。

水商売の会話のコツは相づち

水商売ではお客様にたくさん話していただいてすっきりとしてもらうことが大切です。たくさん話しやすい環境づくりのコツとして、上手な相づちがあります。 「すごいね」「へえビックリ」などの感嘆から始まって、「それってどうすればできるの」「どこでやったの?」など次のお話を引き出す言葉につなげます。

些細な反応のように思われるかもしれませんが、 話し手にとってはこのようなあいづちがあるだけでかなり話しやすくなります。 また、「えぇー!!」などと感情を表しやすいのでわざわざ言葉にしなくても話がはずみやすくなります。

言葉が上手く出ない場合には、笑顔でうなずいたり口を覆って驚きを表すなどのリアクションだけでもお客様に関心を持っていることを伝えられます。できれば、いくつもの相づちのバリエーションを用意しておくとすぐに使えて便利です。

【参考】相づちバリエーション

  • 「そうだったんだ」
  • 「確かにそう思う」
  • 「私も」
  • 「ホントだよね」
  • 「分かる~」
  • 「大変だね」
  • 「え~それは嫌だね」
  • 「えー本当に?」

共有しやすい話題の発信も水商売の会話のコツ

初対面でも親しく会話をする必要がある水商売では、共有しやすそうな話題を見つけて振ることも接客のコツです。誰にでも共有できて興味関心の高い話題としては、食べ物や学生時代の話、恋バナなどがあります。 水商売のお店に来ている男性はそこの女性との色気のある話を好む傾向があります。そのため、過去の恋愛話などのやり取りや自分の武勇伝を話したがります。 キャバクラやスナックなどであれば、話題はスポーツ新聞の内容にとても似ています。スポーツに芸能ネタ、軽めの時事ネタ、お色気、ギャンブルなど、熟知していなくても多少は理解を示してあげたいものばかり。 水商売で話しそうな内容が網羅されており、最新情報が手に入れられますので、実際に読んでみても良いでしょう。もちろんちゃんとした新聞も読んだほうが良いですが。

水商売で成功するコツをつかむ3つの努力

a0780_000227_m 水商売で成功するコツには実際に成功している人の真似をすることもあります。人まねは嫌だなどと言っていては、本当に水商売のコツなど掴めません。上手くいっている人は水商売の本質を見抜き、そのコツを理解しています。最初は見よう見真似ですが、真似をすることで自分のものにしてしまえば良いだけです。

立ち居振る舞いを真似して水商売を極める

美しい立ち居振る舞いは見ていて気持ちの良いものです。仕草はその人の品性を表しますので、中身の美しさが出ています。 水商売では美を競い合うことも多くなりますが、美しい立ち居振る舞いを真似ることで外見の問題(あれば、ですが)をカバーして全体的に美しいと思わせることができるでしょう。

服装を真似て着こなしのコツを掴む

水商売では普通の外出着とは違ったドレスやコスチュームなどを着る機会が増えます。しかし、慣れないドレスやコスチュームは「着せられている」感じがアリアリと見えてしまい、何となく似合わないものです。そんな時には上手に着こなしをしている人を真似してみましょう。 また、お店によってどんなドレスが映えるかが違います。店の照明や装飾に合うものを選ぶことでもっと美しく見せることができるのです。お店のナンバーワンが着ているドレスの色や形を真似することで、外見の見せ方を学びましょう。 ただし、あまりにもそっくりなのは反感を買います。一部だけ似たものを選ぶなど「被らない」工夫も必要です。

思い切って水商売のコツを聞いてみても

水商売のコツは聞いたところですぐに分かるものばかりではありません。しかし、売れている人の工夫や努力しているところを聞いてみることで目標を設定するのに生かせます。 聞きやすそうな先輩を探したり、上位のキャストと仲良くなってみると良いでしょう。上位のキャストと一緒にいるとそれだけで意識が変わる可能性もあります。

水商売のコツは自分の力でゆっくりと掴んで

150912335966_tp_v1 水商売のコツはすぐに身に着くものではありません。分かっていてもすぐにはできないことや失敗をしながら身に着けていくしかないものなども多くなります。 誠意とやる気を維持してお客様に接することで徐々に自分のものにしていくことができるでしょう。また、自分だけでは獲得できないコツは水商売の先輩や成功している人の真似をしたり教えてもらうことも大切です。