キャバ嬢が売れるためにしたい5か条!努力が育てる人気キャスト

<!–[CDATA[キャバ嬢は自分が売れることでのみ、高収入やお店での地位を築くことができます。売れるためには、ただ単純に可愛い、キレイなだけでなく、それ以外のスキルや持ち味を出すことが必要です。 人気のあるキャバ嬢は意外と目立たないところで努力をしています。手っ取り早く売れることができれば最高ですが、この業界はそれほど甘くありません。初心者もなかなか芽が出ないで悩むキャバ嬢もまずは売れるための5つの工夫から始めてみましょう。

キャバ嬢は継続的に売れることが大切

キャバ嬢は継続的に売れることが大切 売れるキャバ嬢とは、一時的に爆発的な人気を集める人ではありません。キャバ嬢としてしっかりと稼いでいきたいのであれば、継続的に売れることが大切です。売れ続けることで安定した売り上げをたたき出し、お店からの評価と収入を手に入れることができます。

新人キャバ嬢にありがちな「売れてる」勘違い

キャバクラで働き始めたばかりのキャストは、若くて初々しくて、お客様から見たら新鮮さもあるため、一時的に人気を集めてチヤホヤされます。 また、お店も売り出し中ということもあって、たくさんの良いテーブルを回らせてくれます。しかし、これはチャンスを与えられたというだけであって、自分がいきなり売れっ子になったわけではありません。 初心者のキャバ嬢は、最初の「チヤホヤ期」に自分は何もしなくても売れると勘違いしがちです。ところがそれは長く続かず、何もしなければ徐々に売れなくなっていきます。次々と新しいキャストが入店すればお客様はそちらに注目しますし、お店も新しい方にチャンスを与えるようになります。

ムラなくコツコツ売れる安定キャバ嬢に

売れるキャバ嬢はいろいろなタイプのお客様を持っており、1日ベース、月ベースで安定的な売り上げを維持することができます。お店に来た時にお金をいっぱい使ってくれるお客様は大切ですが、それだけでは売り上げは安定しません。 あまりお金はないけれど、のんびりと楽しんでくれるお客様や1回ワンセットだけど通う頻度の高いお客様など、さまざまなタイプのお客様を獲得することで安定性を保つことができるでしょう。 「この人は太客だから大事にしよう」などとお客様に格付けをするようなキャバ嬢は一攫千金は狙えますが、足元をすくわれる恐れもあります。お金の使い方や通う頻度などがバラバラのお客様を広く持つことが売れるキャバ嬢になるためには大切なことです。

売れるキャバ嬢になるための5か条

売れるキャバ嬢になるための5か条 キャバ嬢の中にもそれぞれの営業スタイルや得意なお客様のタイプがあります。しかし、基本の接客スタイルをきっちりと守り、柔軟な姿勢で応対できることだけは、売れるキャバ嬢に共通している点です。 売れるためにやっておきたい5つの大切なことを紹介しますので、ぜひ接客に生かしてみましょう。

連絡先交換はその後の対応で差をつける

キャバ嬢が売れるために最初にしなければいけないのが、連絡先の交換です。コレ自体はすでに義務のようなものなので、連絡先が交換できないのであればキャバ嬢としてやっていけないと思っていてください。 スマホやSNSのない時代から、キャバ嬢は連絡先を交換して営業に生かしてきたものです。連絡先を知ることは今の方がずっと簡単で、誰でも出来るようになりました。そのため、連絡先交換をして満足するのではなく、した後の対応で差をつけていきましょう。 親しくなったばかりの男性客には、なれなれしくし過ぎず、ゆっくりと距離を縮めることが大切です。まるで恋人のようなメールを突然送られたら当然、引きます。また、営業メールばかりを送っていても迷惑がられるでしょう。 売れるキャバ嬢は基礎中の基礎である「感謝の気持ち」を届け、やり取りの中ではその人の興味のある話題をピンポイントで取り入れます。 来店の翌日にはお礼をきっちりと述べて、会話の中で楽しかったことやお客様が熱心に話していたことを織り交ぜます。仕事や趣味などを聞き出して盛り上がったなら、その内容を忘れないようにメモしておき、その後のメールや電話で使えるようにしておくことが大切です。

その男性客としか話していない内容に沿ったメッセージを送ると、 受け取った側も「あ、覚えててくれたんだ」と好感を抱きます。

最近ではLINEをメインに使うようになっていると思いますが、プライベートと混同するのも嫌と言う方も多いはず。そういう方はLINE@というサービスを使うといいかもしれません。 プライベートのLIENとは別にLINEを使用することができ、一斉送信も出来るのでいい営業ツールになるかもしれません。

いろいろな話題についていけるように

キャバクラに足を運ぶお客様は女の子とお話をして楽しみたいのです。しかも、自分の話を聞いてもらったり褒めてもらいたいのです。ところが相手をするキャバ嬢が知識も乏しく会話についてきてくれなければ、話を楽しむことが出来ません。 聞き上手なキャバ嬢もいますが、全く知識がないもので話を広げることは難しいでしょう。 そのため、いろいろな話題に応じられるようにキャバ嬢自身も情報収集が欠かせません。銀座のクラブ並に経済の話をしろと言っているわけではなく、お客様の層に合った知識を高めていけば良いのです。 キャバクラでは、趣味の話やスポーツ、漫画などの話でも盛り上がります。何となく知っているくらいでも良いので、広く浅くいろいろなことに興味を持っておきましょう。基本を知っていれば、質問しながら話を進めていけます。ただし、お客様よりも詳しい場合には知らない振りをして相手を立ててあげることも必要です。 また、下ネタにも対応可能なキャバ嬢はざっくばらんに楽しんでもらえそうです。これは別に知識は要りませんが、過剰に嫌がったりせずほど良く恥ずかしがりながら対応してあげると良いでしょう。

私は「各ジャンルが揃ってるので選んでもらった方がいいかと思ったので。あ、おすすめは○○ネタです!新鮮ですよ(笑)」等と冗談交じりで進行していました。(笑)

謙虚さはいつも気持ちの底に

長くキャバ嬢をやっていると(もしくは「チヤホヤ期」に売れたような錯覚におちいると)つい怠慢や傲慢な気持ちが出てきてしまいます。こういう気持ちは会話からにじみ出てくるものなので、お客様にも伝わってしまうでしょう。 売れるキャバ嬢はそういった気持ちを持たず、持っていてもうまく隠して謙虚な気持ちで接することが出来ます。 来店してくれてありがとう、ドリンクくれてありがとう、とたくさんの感謝の気持ちを言葉にすることで謙虚な対応を心がけましょう。どんな人でも「ありがとう」と言う時の顔は、自然にキレイな表情を作ります。(試しに鏡の前でやってみて下さい。不思議ですね)

自分のキャラ設定でお客を絞り込む

幅広い層に愛されることは大切ですが、どうしても合わないお客様は絶対に現れます。売れるキャバ嬢は合わない人でも合わせられるスキルを持っていますが、これから売れるようになりたいのであれば、まずは自分の得意なお客様を見つけましょう。 自分の売り込みポイントや魅力、得意なジャンルの話題、そして得意なお客様の年齢層などを考えて、ターゲットを絞った接客をしてみましょう。年配のお客様に可愛がられるタイプなら古いカラオケ曲を覚えたり、若いグループ客に強いなら盛り上げ方のバリエーションや即興でできるゲームなどを用意します。 こうすることでさらに強みを強化することができ、お店の黒服もお客様のタイプに応じてキャストを選びやすくなります。

アドバイスはとことん聞く

売れるキャバ嬢は最初から売れていたわけではありません。試行錯誤をして失敗しながら会話や接客方法を身に着けてきたのです。効率的にスキルを身に着けるためには、人のアドバイスに耳を傾けることが大切です。 自分が思っていることにこだわりすぎると間違っていても直せなくなってしまいますので、周りの人からのアドバイスは素直に聞いて柔軟に受け入れるようにしましょう。お店のスタッフだけでなくお客様からもご指摘を受けることもあります。こうした意見は貴重であり、次の接客に生かせるヒントとなるでしょう。

売れるキャバ嬢になりたいなら人を大切に

売れるキャバ嬢になりたいなら人を大切に キャバ嬢が売れるためには見た目だけでなく、心も磨くことが必要です。常にお客様一人ひとりを大切にして、楽しませる努力をしましょう。 自分の得意分野や魅力を伸ばしたり、情報収集を行うことで楽しいキャバ嬢になることを目指します。また、独りよがりにならないように、多くの人からのアドバイスも受け入れるようにしましょう。

 

【PR】キャバドレスならdazzystore

キャバドレス王道の専門ショップ。一度は目にしたことがある方もいるはず。
低価格なのに高品質として評判がいいドレス通販サイトとして有名です!
キャバドレスをはじめサンダルやカラコン小物まで魅力的な商品を毎週月、水、金、に入荷しています。そのため最新のアイテムをいち早く取り入れることができます!
1,900円代のドレスもありリーズナブルな価格も魅力です!
自社で企画したオリジナルドレスや、ブランドとコラボしたアイテム等も手掛けており豊富な品揃えが人気!17時まで即日出荷(※土日祝15:30)10,000円以上で送料無料です。
https://dazzystore.com/