水商売の人との結婚を躊躇させる2つのこと!将来の幸せのために

水商売をしている女性の中にも、結婚について夢を見ている人は多いでしょう。どんな職業であろうと女性にとって幸せな結婚は憧れとなります。しかし、現実的には相手あってのものですから、相手が水商売は嫌と言われたら結婚まで結びつかないリスクがあります。 水商売は、女性キャストであれば男性相手の接客をすることになり、恋人からしたら不安要素がいっぱいあります。そのため、恋人と結婚まで至らないリスクが高いと言えそうです。そんな苦難を乗り越えて結婚することはできるのでしょうか?

水商売のサービス内容が結婚を躊躇

takebe055122558_tp_v 水商売をしていたって女の子ですもの、結婚や恋愛を普通にしたいと思うことだって普通です。しかし、それは水商売をしている当事者だけの考えであって、周囲の人や好きになった男性も同じ考え方をしてくれるかどうかは分かりません。 水商売では、主に異性のお客様のお酒や会話の相手をすることが多くなるため、恋人にはしてほしくないと感じている人は多いものです。 特に男性は、自分たちが異性と交流を持つことに対しては寛容ですが、自分の大切な女性が異性と過剰な接触を持つことを嫌う傾向にあります。これは男女の生物学的な違いによって起こるものであり、ある意味では仕方のないことです。 男性の種をまきたいと言う本能を理解しており、自分のカノジョや結婚相手が他の男性を接待するということにその人の種をまかれてしまうリスクを感じるのです。 そのため、多くの男性は水商売の女性とイチャイチャすることは好みますが、実際に本気でお付き合いをしたり結婚するとなるとしり込みをしてしまうことがあるようです。

店以外でも客と触れ合う水商売

多くの男性が水商売の女性を結婚相手として扱うことが難しいのは、男性客との接点がプライベートなのか仕事なのか分かりにくいためでもあります。キャバクラやクラブ、スナックなどには「同伴」や「アフター」と言うシステムがあり、そこで働く女性は男性客と店の外でも会っていることが多いのです。 店の外で会うことは基本的には仕事ですが、実際にどこへ行って何をしているか分かりにくく、「浮気をしているのでは?」「体の関係があるのでは?」と気になってしまいます。 男性は同じ男性である客の気持ちも分かっています。自分も経験があるためか、自分のカノジョが性の対象として見られている可能性も知っています。そんなリスクの高い逢瀬を繰り返すことでカノジョに不安を抱いてしまうのです。

恋愛はするけど結婚相手には見られない水商売

水商売の女性をカノジョにする男性は数多くいます。しかし、恋愛としては良いけれど結婚相手とは見ていないということもあるようです。水商売をしている女性は身なりもきちんとしており、素材的にも美しい人が多いため、お付き合いをするのは楽しいものです。しかし、結婚して家庭生活を考えた場合には、金使いが荒いのではないか、家庭生活を担っていけるのか、と不安になります。 また、同伴やアフターなどで「枕営業」をしている疑惑も男性の決断を鈍らせます。お酒の入った席で接客をすることで「軽い」というイメージを持ってしまい、自分以外の人にも色目を使ったり性的な接触を持っているのではないかと考えてしまうのです。

 職業で女性をランク付けしているかのように辛辣すぎる意見ながらも、やはり男性相手にお酒の相手をする仕事の女性に対しては、「正直なところ本気にはなれない」がホンネな男性も少なくないよう。

水商売の金銭感覚が結婚を躊躇

uni16040516img_0017_tp_v 水商売をしている女性を結婚から遠ざけてしまう理由は、もしかしたら自分自身にあるかも知れません。男性と出会うチャンスは多い接客業ですが、出会う男性には偏りがあります。そのため、知らず知らずのうちに一般的な感覚が分からなくなってしまうこともあるようです。 特に金銭感覚の狂いは大問題です。クラブやキャバクラなどは、普通の居酒屋などとは違い、ある程度お金のある男性が集まります。さらにキャバ嬢やホステスを落とそうと思って多額の支出をする男性も多くなります。また、落とそうとしているキャバ嬢には自然と優しくなり、プレゼントや高価な食事などを提供することもあるでしょう。 こういった対応を男性からされ続けているうちに、女性側もそれを当然と思う気持ちが芽生えてきます。誕生日にはさりげなく花を贈られ、出かける店は高級店といった流れが普通になってしまうのです。そんな環境を長く続けていれば、安月給の一般サラリーマンの無骨さや堅実さを受け入れられなくなる可能性もあります。

 キャバ嬢は、20歳~28歳までが一番多く活躍していると言われています。一般的なOLと違う所は、短期間に手に入る高収入です。20歳の若さで顧客から需要があり、ちやほやされて高収入もゲットできます。この状態に傾倒してしまうと、金銭感覚の狂いが生じてしまうので注意しましょう。

一番良い時期を水商売で過ごすリスク

クラブやキャバクラなどでは、若くて美しい女性がメインとなります。若い女性には高い収入を得るチャンスとなり、歓迎すべきことですが、その時期にスポイルされてしまうことで普通の感覚が失われるリスクがあります。 恋愛も一番楽しい時期ですが、その間にお客様であるハイスペックな男性と知り合いになってしまうことでその人との擬似恋愛を本物と思い込んでしまい、一般男性をつまらなく感じるようになってしまいます。

水商売でも堅実さを失わずに結婚へ

c824_shirobaratoribon_tp_v 水商売の女性には結婚を遠のかせるリスクがありますが、かと言ってすべての人が結婚しにくくなるわけではありません。現実的に言えば、多くの水商売経験者の女性が幸せな結婚生活を手に入れています。 しかし、そのためには普通の感覚を失わずにいることが必要となり、店に来ていたお客様と自分の結婚相手や恋人を同列で考えないようにするべきです。

 現役時代はそれなりに人気も稼ぎもありましたが、お客さんではない普通のサラリーマンと結婚して専業主婦になりました。

水商売のお店に来店するお客様は一時的な楽しみのために散財したりホステスをチヤホヤします。しかし、それはかりそめの関係であって結婚後も続くわけではありません。 その点を認識した上で仕事と割り切って過ごすことが出来る女性は結婚しても安心です。むしろかりそめの姿を見すぎたために堅実な男性に大きな魅力を感じる人も多くなります。

副業の水商売なら結婚しやすい

水商売を本職にしている女性もいますが、昼職で足りない分を補う意味で働いていたり、大学生などのアルバイトとして水商売をしている人も多いものです。こうした女性たちは、あくまでも水商売を一時的な副業としており、一般的な感覚を失わずにいることができます。 また、副業として水商売をしている場合には恋人に対しても対外的にも本業を言うことができます。そのため、水商売に偏見のある人がいても結婚への弊害となりません。副業であれば、結婚後はすっかり足を洗うこともできますし、それほどその世界に染まらないうちに普通の結婚生活へと入っていくこともできるでしょう。

 一方、一般的なパブやキャバクラ、サロンで働く女性はそれが副業(アルバイト)である場合が最近は多いですね。専業で水商売を生業としている人は少なくなってきています。 だから結婚する時の肩書きは水商売ではないのです。結婚相手も【普通の男性】が多いですよ。

水商売をするなら結婚相手にふさわしい感覚を残して

fcfg100141128_tp_v 水商売の女性が結婚相手として敬遠されてしまうのは、男性たちの感覚だけでなく女性本人の変容も関係しています。水商売をしていることで良い思いもたくさんできますが、その経験が結婚の妨げになることもあるようです。 結婚に憧れを持っているのであれば、一般的な金銭感覚などを忘れないように、店での出会いは非現実的なものとして捉えておきましょう。自分をきちんと保っておけば、水商売経験者でも幸せな結婚は出来るはずです。