クラブでアフターをする時の注意は?店によって違うルールに注目

クラブというと非常に敷居の高いイメージがありますが、キャバクラやスナックと同様にアフターがあります。 高級クラブでもアフターはお店で料金が発生するものではありませんので、サービスとしての役割が強くなりますが、お客様の質が他のタイプのお店とは違うので比較的良い思いができることもあるようです。 ただし、リスクもあるため慎重に判断してアフターをするかどうかを考える必要があります。アフターに積極的ではない場合には勤める前にお店選びも慎重に行いましょう。

クラブのアフターは半強制的な場合も

a1180_016128 クラブでは新人ホステスはママや先輩ホステスからの指示で働くことになります。自分のお客様を持たない新人ホステスは「ヘルプ」として営業時間内を過ごすことになりますが、着いたテーブルでアフターを誘われた場合にはその係りの先輩ホステスから一緒に来るように指示されることもあります。 クラブでは先輩ホステスの力は強く、そのテーブルの指名ホステスは仲間の中でもより強い立場ということになります。また、ヘルプでスタートしたホステスにはお客様を自分で呼ぶ力はないため、テーブルに呼んでもらえないと仕事になりません。 そのため、アフターにも呼ばれたら参加せざる得ないことになるでしょう。

クラブの接客はチーム戦

高級クラブではお客様の担当は永久指名と呼ばれるシステムで決まっています。永久指名ではよほどのことがない限り、一人のお客様につく担当が替わることがありません。そのため、キャバクラのような弱肉強食、下克上のような激しい指名争いはありませんが、ヘルプとの地位の差は歴然となります。 クラブの接客はこのシステムを基本としたチーム戦となります。つまり、担当のホステスはヘルプホステスなどをお客様に合わせて選び、ヘルプに着いたらそのテーブルをみんなで盛り上げます。

先輩に気に入られるようにアフターへ

クラブのアフターではよほどの信頼関係を持ったお客様でなければ一対一で出かけることはありません。つまり、担当ホステス以外にもアフターの声がかかりやすいということです。そこでアフターを断ると先輩の顔をつぶすことになる可能性もあり、後々のクラブ内での人間関係を保持するために断れないことも多いでしょう。

アフターの必要性でクラブを選ぶ

クラブでは基本的にアフターメインではありませんが、キャバクラやスナックほど軽視してもいません。アフターの価値を認めており、全くできない場合には勤務が難しいこともあります。ただし、どの店でもアフターが必須と言うわけではありません。アフターを断っても大丈夫なクラブもありますので、自分がアフターを避けたい場合にはそういったクラブを選ぶことが必要です。

クラブのアフターにはメリットが

クラブのアフターにはメリットが クラブのアフターはお店でも重視しており、お客様も裕福で経済的に余裕のある方が多いため、連れて行ってもらえる店も高級ですし、見返りが全くないというわけでもありません。クラブのアフターにはキャバクラやスナックなど他の店にはないメリットもあります。

クラブとキャバクラのアフターの違い

クラブではキャバクラなどとは違い、店のホステスの管理も厳しく、質の高い接客を目指しています。閉店後にお客様と自由に遊ぶアフターとは言えども、その影響はあるようです。 クラブではそれこそ10年以上の付き合いとなるお客様も多く、店とは信頼関係でつながっています。そのため、お客様も節度をわきまえた方が多く、スマートなエスコートが期待できます。キャバクラで聞くような「ホテルに連れ込まれた」「迫られた」といったリスクも比較的少ないようです。

「高級」クラブとはかなり女の子の教育もきっちりと厳しくしているので、初見のお客と寝るなんて事は店的にもイメージを安く下げる事に繋がるので、しないように躾ていると思います。

また、クラブで誘われたアフターではお客様から個別にチップを頂けることが多くなります。キャバクラなどでもノリでもらえることはありますが、クラブでのアフターのチップはお客様のスマートネスの象徴でもあり、もらえないことは少ないでしょう。少なくともタクシー代程度は期待できそうです。

クラブで一見さんのアフターは難しい

クラブでは基本的に初めて来店したお客様や信用できないような方とのアフターをさせることはないと言われています。特に一対一でアフターに行くことなどはまずないと考えても良さそうです。 素性の知れていないお客様でも店でおもてなしをすることはできますが、ホステスを連れ出すことは難しくなります。そのため、店やママ、先輩などに従ってアフターに参加するのであれば、安心感があります。

初心者はつい1対1のアフターが可能だと思ってしまうが、甘い。信頼を得たなじみ客でなければ、アフターは男女数人で行くのが基本。

お店やママから手当てが出るかも

クラブではチーム戦だと言いましたが、このシステムは煩わしさもある反面、可愛がってもらえるメリットもあります。アフターではチップなどを頂けるのですが、もし貰えなくてもお店やママ、担当のホステスからフォローがあるかも知れません。 「お客さんがタクシーで送ってくれただけの場合、次の日にママやお姉さんが売り上げから1万円くれる場合もあります。

クラブのアフターで注意したい点

a0990_000346 クラブのアフターでも、安穏と構えているとリスクに遭遇することもあります。比較的安心感のあるクラブであっても、アフターは自由度が高くなる分注意はしておく必要があるでしょう。

やはり男女の仲にはリスクが

高級クラブのホステスとお客様と言う関係であっても、所詮は男女の仲です。お店が終わった後にプライベート感の強い過ごし方をすれば間違いが起こる可能性はあるでしょう。 一対一で出かける時だけでなく、途中からホステスが抜けていく場合などは女性が自分ひとりにならないように注意をした方が良いでしょう。

アフターもクラブに報告を

個人的な色合いが強くなるアフターですが、クラブを通して出会ったお客様とのお付き合いは全て店が管理をします。アフターした場合にはきちんと事後報告をする必要があります。 事細かに言わなくて良いことまで伝える必要はありませんが、下手に隠し事をしてお客様と会ったりすると他のホステスの反感を買う恐れもあります。 特に他のホステスの担当のお客様と個人的にやり取りを重ねると、裏切りのような扱いを受けることもあります。

働きたいなら体験入店で要チェック

クラブはその店のしきたりやルールがあり、お店によって違いがあるため、初めて勤める場合にはいろいろな店を見ることも大切です。クラブで働こうと思ったら、まずは体験入店でお店の雰囲気を見たり、アフターのルールを知ることが必要となります。入店する場合には必ず面接を受けて、そこで店のルールを聞くことになりますが、百聞は一見にしかず、自分の目で肌で確かめることを忘れないようにしましょう。

クラブのアフターは厳しいけどメリットも

yk0i9a6212_tp_v クラブでは他の水商売と同じようにアフターと言うシステムがあります。しかし、他の職種とは違ってかなり恵まれた環境でアフターができるようになっています。メリットもあるクラブのアフターですが、質の高いおもてなしを誇るだけあって厳しさもあります。自分ができる条件かどうかを確かめてから働くことをお勧めします。