同伴で食事をする時に注意!お店選びと過ごし方のコツ

同伴出勤で食事に行くというパターンはありがちですが、実際にどこに行ったら良いか迷うこともあります。初めて同伴する場合にも、何回も同伴に行っている場合にも、それぞれに食事の場所選びは難しいものです。 相手を楽しませて来店までの時間を持たせるために、どんなお店を選び、どんな過ごし方をすれば良いのでしょうか?また、ご飯の後、お店に行くまでの時間の過ごし方や食事以外のすごし方などもバリエーションを持っておくと安心です。

同伴の食事は誰が決めたらいいの?

同伴の食事は誰が決めたらいいの? 同伴の時に食事をすることは多いので、キャバクラやクラブなどに勤めている女性たちは食事場所の引き出しをたくさん持っていたいものです。 食事の好みはお客様ごとに違いがあるため、自分が食べたいものを提供するレストランだけでなく、いくつかジャンルの違ったお店を調べておくと良さそうです。 同伴の時にはお客様から提案してもらえることもありますが、基本的にはこちらから提案したいものです。どこがいいか聞かれたら、素直に希望を言ってみましょう。 たまに自分が主導権を握りたい男性もいますが、その後同伴で店に向かいにくいこともあります。そんな場合には、ちょっとだけ場所の変更のお願いをしてみましょう。

お客様に決めてもらうなら希望を伝えて

お客様はキャバクラなどで同伴する場合には、キャバ嬢にいいところを見せようとしてカッコつけることもあります。食事をするレストランなどもできるだけ良い印象を持ってもらおうとして選びますが、お客様とキャバ嬢の求めるポイントがずれていて思惑が外れることも多いようです。 キャバクラに来るお客様は、同伴で高級レストランや和食、すし屋などを利用するイメージがあります。もちろん、本当にこうした店の利用は多いのですが、イメージが強く先行しているため初めて同伴する人までもが真似します。 同伴イコール高級レストランになってしまえば、キャバ嬢にとって新鮮味のないルーティンになってつまらなくなるでしょう。 相手から提案をもらう前に、「ダイエット中だからコースは無理」「こんなお店で食事してみたいな」などとある程度方向性を示すことで自分の意にそぐわない食事を避けることができそうです。 おすしは時間がかからないのはいいのですが、意外とすぐに満腹になって、間が持たなくなるので注意が必要です。

全て相手に決めてもらうのはリスク

同伴してもらえるとなると、気に入られようとして相手の意思に従いがちですが、それには多くのリスクがあります。同伴はその後に自分のお店に来てもらわないと成立しません。入店時間に遅刻するわけにも行きませんし、途中で相手を飽きさせてもいけません。 遠くのお店や混雑していて料理に時間がかかるお店などは遅刻のリスクが高くなりますし、口臭や髪にニオイが着く恐れのある香りの強い料理は接客の妨げになります。 そのため、キャバ嬢としてのその後の営業、接客に影響を与えにくい計画を立てるべきです。同伴では、確実に一組のお客様を確保して売り上げを作ることができますが、そのために他の失点を作ってはいけません。

お店の近くでおいしいお店を見つけておいて、「一人じゃ行きにくくて…、一緒に行ってくれませんか?」と誘うのもアリです。

同伴の食事を決める基準は?

同伴の食事を決める基準は? 同伴の食事を決める時には、仕事と割り切って好きなものを食べようとするよいもその日の営業に悪影響を与えないことを重視します。おいしいものを頂けることを楽しみに同伴している人もいますが、せめて「一食分浮いてラッキー」くらいの気持ちで食事に期待しすぎるのは止めた方が良さそうです。 また、お客様からしたら同伴した後にさらにキャバクラで出費することになります。そのため、食事での出費は抑えたいと考える人もいるでしょう。食事で散財してしまうとお店であまりお金を使えなくなってしまいます。

同伴の食事は1時間程度で済むことが前提

同伴の食事は、ある程度かかる時間が分かりやすいものを選びたいものです。食事時間の予測がつけば、待ち合わせの時間を逆算して設定できます。 予測できないと遅刻を防ぐために余裕を持って待ち合わせることになり、万が一時間が余ると面倒です。ホテルに誘われるリスクが高くなったり、お客様が飽きてしまうこともあります。

外でお会いする時間は1時間30分ぐらいがベストです。 お客様としては少し物足りないと感じ、自然と同伴もしてくれる可能性が高くなります

食事時間を1時間程度で抑えられると、適度にゆとりを持って会話を楽しめますし、飽きるほど長くないため、お店に楽しみを持ち越すことができるでしょう。移動時間と食事時間のトータルが1時間半から2時間以内になるように設定するとベターです。

同伴の食事は徒歩圏内の近場が前提

同伴の食事時間をコントロールするためにも、お客様を飽きさせないためにも、移動の誤差を最小限に抑えることは大切です。同伴で食事をする場所は、お店から近距離が基本となります。できれば徒歩圏内、少し離れてもタクシーで10分程度の距離に抑えたいものです。 徒歩圏内であれば、交通機関のトラブルもないので、落ち着いて食事を楽しむことができるでしょう。また、途中で誘惑にあわないためにはレストランからお店までの経路にラブホテルやセクシー系のお店がないこともチェックしておきます。

同伴の食事はニオイのないものを

同伴の食事で選ぶポイントとしては、内容も重視したいものです。同伴で店に入った後は、そのお客様以外にも接客することになります。そのため、テーブルに着いた時に他のお客様に不快な思いをさせないために、事前に食べる食事内容には注意が必要です。 美しいキャバ嬢でも口臭や体臭がひどければ魅力は半減してしまいます。口臭の元となりやすいのは、香味野菜や肉類などです。また、食材を焼いたり揚げたりすることで店内に煙や油のニオイが充満すると髪や肌にもニオイがつきます。 そのため、おいしくて人気もありますが、焼肉店や目の前で揚げてくれるカウンターの天ぷら店、ニンニク系の料理の多いイタリアンなども鬼門となります。 また、うっかりと口にしがちですが、生のネギや玉ねぎサラダなども口臭の元になります。このニオイは当日だけでなく翌日まで続くことがあるため要注意です。

同伴の食事で注意したいリスクは?

同伴の食事で注意したいリスクは? 同伴の食事でのリスクは避けられるものから自分でコントロールできないものまであります。飲食を親しいお客様と楽しめるので、つい気を抜いてしまうことでリスクは発生しやすくなるようです。

お酒を飲みすぎてヘロヘロ

キャバ嬢にはお酒が強い人も多いのですが、同伴の時に飲みすぎてしまうことで本業にも差し支えることがあります。相手も二人きりでいる時に酔っ払ってしまうと、下心が急に出てくるリスクもあるので、お酒は避けておいた方が安心です。

食べ過ぎてお腹パンパン

飲みすぎだけでなく食べすぎにも注意が必要です。おすしやご飯ものをたっぷりと堪能してしまうとお腹がいっぱいになってしまって、営業時間中にドリンクが入らなくなります。ドリンクバックは自分の収入に影響するものなので、影響を与えるほど食べることは厳禁です。

同伴の食事には十分な計画を

同伴の食事には十分な計画を 同伴する場合には、食事やアルコールを取る機会が多くなります。食事代が浮くというメリットはあるものの、時間が読みにくく食べすぎなどのリスクもあるため注意が必要です。 同伴自体もメリットですが、最終的にはその日の営業が成功することを目指さなければいけません。