VANDY VAPE / Lit RDA レビュー

VANDY VAPE / Lit RDA レビュー
メーカー:VANDY VAPE
商品名:Lit RDA
サイズ:24mm

 

スペック

・サイズ:24mm(24 × 31.4mm)
・スレッド:510
・Driptip:810(未確定)
・デュアルコイルデッキ
・BF対応

 

セット内容

・アトマイザー
・マニュアル
・18mm Delrin Drip Tip
・18mm Ultem Drip Tip
・スペアパーツ
・ツール


▲Driptipは未確定だが、恐らく810(ハーフインチ)サイズだろう。

 

特徴

勢いのあるVANDY VAPEから新作ドリッパー、Lit RDAがリリースされる。
24mmのデュアルコイル前提の爆煙ドリッパーだ。コイルを挟み込む『クランプタイプ』を採用した特徴的なデッキ。

使い勝手は不明だが、メッシュ、クラプトン、単線と幅広いコイルに対応している。意外にもエアフローは絞り込める構造だ。

またエアホールが2タイプ搭載されており、好みのタイプを選択できる。

もちろんBFピンも付属するのでスコンカーでも使用が可能。完全フレーバーチェイサーなBerserker MTL RDAとは正反対のタイプだ。

VANDY VAPE / Berserker MTL RDA レビュー


▲Goonの改良版の様なイメージ。値段も手ごろなので流行しそうだ。

 

①特徴的なクランプタイプ

528 Custom Vapes / Goon RDAを彷彿させるクランプタイプを採用。イカついコイルをインストールする際はかなり便利だ。


▲完全にモンスターコイル向けのデッキ。国内では浸透していないがメッシュも対応。

 


▲コイルの縦組みも比較的簡単にセットが可能。ピーク材での調整も可能。

 


▲『挟むだけ』なのでストレスフリーだ。マイナスドイライバーでも締め付けが可能。

 

②2タイプのエアホールを搭載

トップキャップを回す事でエアホールの切り替えが可能。
『Small hole』『Diagonal line』の2パターンがあるが、味にどれだけ違いが出るのか不明。Small holeの方が若干絞り気味か。


▲切り込み入りトップキャップで調整もしやすい。構造的にもエアホールを遮断する事は可能そうだ。

 

③深いジュールウェル

スコンカーでの過剰なリキッドチャージにも対応した、深いジュースウェルが設計されている。更にデッキ部分のダブルオーリングで、トップキャップから滲み出るリキッドもガード。


▲これぞドライヒット知らずのドリッパー。見た目以上によく考えられているデッキだ。

 

④豊富なカラーリング

もはやVANDY VAPE定番となった4色。どんなデバイスにもフィットするカラーチョイスだ。しかし…レインボーも一定の需要があるのだろうか。


▲Black、SS、Gold、Raibow。ホワイトデルリンのDriptipも付属する。

 

セットアップ例

写真が少なく、同社Pulse BFに乗せている写真しかなかった。しかし、シンプルなデザインなので、どんなデバイスにも似合うはずだ。

Vandy Vape / Pulse BF Box Mod レビュー

 


▲Source:#LitRDA (instagram)

 

購入先

[itemlink post_id=”1690″]

まとめ

全体的に重厚な造りで、安さは全く感じられない。高級感すら感じるのは、さすがVANDY VAPEといったところだ。
そして、プリメイドクラプトンを愛用している人からは定番となった『クランプ方式』を採用。全体的に見ても、まるでGoonをフル改良したようなアトマイザーだ。

肝心の味の方も問題ないだろう。しっかりとサイドからエアーを当てにいっているので期待できる。煙量◎味◎使い勝手◎と、国内でも人気のスコンカードリッパーになる予感。

実はまわりもやっている!?夜のお仕事よりも稼げる方法があった!

「指名も売上もないのになんであの子はブランドものばっかり持っているの?」
「学校や本業が忙しくてなかなか出勤できない・・」

キャバクラやガールズバーで働いていると、そう感じるときがよくありますよね・・。
また、これから夜のお仕事をしてみたいと考えている人も、もしかしたら自分が果たして指名をとれて稼げるようになるのか不安に感じているかもしれません。

実は最近、キャバクラやガールズバーで働く一方で、パパ活もやっている子が多いって知っていますか?

しかも、良い(太い)パパを数人見つけられると、びっくりするくらいラクに効率よく稼げてしまうので、夜のお仕事を辞めてパパ活に専念する子もいるんです!

夜のお仕事と併用するか、どちらかに専念するかは向き不向きがあるので、まだどっちも経験のない女の子は、手軽なパパ活からやってみるのもありです。

パパ活のメリットはこの3つ!

パパ活がここまで人気の理由には、以下の大きなメリットがあるからです。

・自由な時間で効率よく稼ぐことができる
・美味しいご飯を食べられたり、良いものを買ってもらえる
・いつでもはじめられて、いつでも辞められる

パパ活のデメリットは?

もちろん、メリットばかりではありません。夜のお仕事と比べたときのデメリットもあります。

・自分で相手(パパ)を探す必要がある
・自分の身は自分で守る必要がある

これらのデメリットをできるだけなくすためには、”効率よくパパを見つけて”、”安心安全な仕組みが用意されている”サイトを使う必要があります。

パパ活ってどのくらい稼げるの?

現在のパパ活の相場はだいたい次のような感じです。

【初回】顔合わせ 0.5~1万円
【都度】食事のみ 1~3万円
【都度】デート 2~3万円/またはプレゼント
【都度】エッチあり 2~15万円
【定期】エッチなし 5~20万円
【定期】エッチあり 10~50万円

今回、パパ活をやっている10人の女の子にインタビューをしましたが、ほとんどが定期のパパを3人+新規開拓を数人という感じで平均で60万円、一番多い子はなんと200万ほど稼いでいました。

本当におすすめのパパ活アプリはコレだ!

それでは実際にパパ活をやっている女子10人に聞いた、「とりあえずコレ使っておけば間違いないアプリ」をご紹介します。

結論からいうと10人中8人は2つのアプリを併用しており、「シュガーダディ」「Paddy67」の2つが人気でした!

※パパ活アプリは基本的に女性は無料で利用できます

シュガーダディ

シュガーダディはパパ活専用サイトとして一番の老舗です。
長く運営されているので、パパ活の入門としてもとても優秀。

まずはとにかくシュガーダディで慣れていく・・というのが今の女性の主流です。

シュガーダディの良いところは・・・

・会員数が圧倒的に多いので自分にあった男性を選べる
・年収証明がしっかりしており、男性のレベルも高い
・目的の登録や直接メッセージできるなど男女ともに効率よく探せる

Paddy67

「ワンランク上の男性と女性の 上質な出会いを提供する マッチングサービス」というコンセプトで運営されているアプリ。

Paddy67の良い点はつぎの3つ!

・いいねによるマッチングがないのですぐに目的の相手とやりとりできる
・男性会員の月額料金が他のアプリより圧倒的に高い(10,800円)なので男性の年収が高い
・地雷やドタキャン男性への通報に対する対応が迅速で安心できる

あなたに合った方法でうまく稼ごう!

すでに夜のお仕事をしている子は空いた時間でパパ活を少しだけやってみるのはとてもオススメ!
そして、まだどっちか迷っている子は、今すぐ気軽にはじめることができるパパ活からやってみるのがいいのではないでしょうか。

まずは、いちはやく自分に合った稼ぎ方を見つけることが大切ですよ!