同伴とアフターはどっちがお得?上手に使い分けて一流キャバ嬢に!

同伴とアフターはどちらもお店の外でのお付き合いになります。そのため、面倒に感じたり、昼職との両立の妨げになったりして「やりたくないな」と思うこともあるでしょう。 しかし、同伴とアフターはお客様にも喜ばれるものですし、時には必要となるものです。できる範囲で自分の接客スタイルに組み込んで、上手に使いこなしましょう。

同伴とアフター、どちらがお好き?

同伴とアフター、どちらがお好き? 同伴とアフターは、キャバクラやクラブ、スナックなどで行われているお店以外でお客様と会うサービスです。この二つのサービスは、どちらもキャバ嬢がお客様と二人(もしくは数人同士)で遊んだりデートの真似ごとのような過ごし方をするもので、キャバ嬢とお客様の双方が納得した上で利用されます。 キャバ嬢から誘うこともありますが、お客様もお気に入りのキャストと一緒に外で過ごすことができるため、利用したがる人も多いものです。同伴では仕事前の元気なキャストと遊べますし、アフターでは店が終わった後でも飲み足りない時などに引き続きキャストと過ごすことができます。 キャバ嬢側としては、アフターは収入にならないのであまりやりたくないと言う人が多いようです。同伴は同伴料や指名料が発生するのでメリットが大きく、やりたい人が多くなります。お店からも同伴ノルマや同伴デーなど義務として求められることも多いものです。

同伴はキャバ嬢のお仕事の一環

同伴は、同伴出勤というものでお客様と一緒にお店に入ることを言います。お店に出る数時間前くらいにお客様とお店の外で待ち合わせをして、食事やカラオケ、ショッピングなどを楽しむのが一般的です。プライベートのように遊んだ後は一緒にお店に入ってもらい、そのままいつものように接客します。 キャバ嬢はお客様と一緒にお店に入るだけで同伴料や同伴ポイントなどがもらえます。同伴料のバックは数千円ですが、その後には同伴したお客様のテーブルに本指名として着くことができるので、指名料やドリンクバックなども期待できます。 そのため、同伴出勤はその前のデートからすでに仕事が始まっているとも言えます。お客様としてはキャバ嬢の店では見られないプライベートを見たいものですが、キャストは遊びのつもりではなく仕事の一環として行う必要があります。また、決められた出勤時間に間に合うように行動をコントロールすることも大切です。

アフターは個人の責任のもとで

同伴と違ってアフターには収入が発生しません。アフターはお店の閉店時間後にお客様と遊びにいくことです。キャバクラなどで飲んでいると閉店時間を迎えてももっとキャバ嬢と遊びたい、飲みにいきたいと感じる人も多く、そういった希望を叶えられるのがアフターです。 しかし、アフターでは収入が発生しないばかりかお店の管理下で行われるものではないので、キャバ嬢個人の責任のもとで行わなければいけません。アフターではお店からお金をもらうことはできませんが、お客様が個人的にチップやタクシー代をくれる場合もあります。

同伴のメリットとデメリットは?

どうしようかな・・・っと目をそらす女性 同伴出勤はお店でも大歓迎ですし、キャストとしても良い収入源となります。お客様も喜んでくれて、良いことずくめのようですが、場合によってはリスクとなったり、デメリットが発生することもあるようです。

収入だけでない効果も

同伴で店に入ることはお店の営業にも良い影響を与えるので、同伴の多いキャストは重宝がられます。売り上げに貢献できるキャストとして地位も確立できますし、たくさん同伴できれば他のキャストからも羨望の目で見られそうです。 同伴はお店にとって大きなメリットがあるからです。

なぜならば、キャバ嬢が同伴してくれれば客を一人確保できるわけですし、開店に合わせて同伴することで、客を得るのが難しい早い時間に客を得ることができるからです。

また、お客様との距離を詰めることができて、今後の接客にも活かせるというメリットもあります。プライベートではないと言っても、二人きりで食事などをすれば仲良くなれるので、今後もお店に誘いやすくなるでしょう。信頼関係も築ければ、接客が楽になります。

同伴はドタキャンのリスクが

同伴出勤はお店の外で待ち合わせをするので、会うまでは何が起こるか分かりません。同伴の日は出勤時間も遅くなって良いことが多いのですが、約束がダメになったら同伴ではなくなってしまいます。当日会うまでの間に「ごめん、行けなくなった」などのキャンセルが入ることもあるため、計画が狂うリスクも考えておく必要があります。 また、同伴のつもりで会ったのに食事だけで帰ろうとしたり、ホテルに誘う男性もいるようです。仕事として会ったのに、同伴をしてくれないなら時間の無駄になってしまいます。

同伴のお誘いをしてみても、「お店に出勤するまでなら…」とどうにかお店に行かずに会おうとするのです。

同伴はメリットが大きい分、OKしてもらうのも大変です。

アフターのメリットとデメリットは?

アフターのメリットとデメリットは? アフターはお店もノータッチ、収入も増えないとあって、キャバ嬢としてはあまり歓迎できないものです。お店によってはアフターを禁止するようなところもあると言います。 しかし、収入に直結はしないけどアフターにも良い点があります。アフターは上手にこちらがコントロールしてリスクを避けながら使いこなすと良いでしょう。

アフターのメリットは好感度アップ

キャバクラに遊びに来るお客さんの中にはシステムをしっかりと把握していて、同伴はキャバ嬢の仕事だと理解している人も多いものです。理解した上で同伴してくれるならいいのですが、中には「同伴は金目当てだからつまらない」と思っている人もいます。こうした人は、反対にアフターしてあげると自分を特別視されたと思って喜んでくれることがあります。 アフターはキャバ嬢にとってのメリットはありません。しかし、アフターに誘ったりOKしてあげることで「アフターの相手に選ばれた」と喜び、そのキャストの好感度が上がる可能性があります。 即収入につながりませんが、これを機に指名や来店の頻度が上がることもあるため、お客様を育てる意味で使ってみても良いかも知れません。アフターするなら「損して得とる」ことを目指しましょう。

アフターは送りオオカミのリスクが

アフターはお店ノータッチであり、その後はお客様もキャストも家に帰るだけとなります。そのため、自由度が同伴よりも高くなっており、お客様も気が大きくなりやすいものです。さらにアルコールも入っており、いつもは理性的な男性でも羽目を外してしまうことがあります。 そんな時に起こりやすいのが、ホテルに誘われたり迫られたりといったリスクです。また、家まで送ると言って自宅を知りたがったり、自分の車に乗せようとすることもあります。(飲酒運転のリスクもあるので一番危険)キャストも程よく酔っ払っていたりすると、余計に何とかなるのではないかと思うようです。

またまれにですが「ホテルへ誘おう」という下心のある人もいますから、そこはうまく交わしましょう(笑)。あんなが新人の頃は「家に帰ったら店に電話を入れなきゃいけないの」という口実をよく使っていました。

リスク回避の言い訳はあらかじめ準備を。

同伴とアフターは慎重に

同伴は大歓迎のキャストが多く、アフターはあまり好まれずNGの傾向が強いようです。しかし、どちらにも良い面も悪い面もあるため、リスクを回避しつつ上手に使ってみましょう。同伴ばかりではなくアフターもたまに使ってみると、お客様からの見る目が変わるかも知れません。