お酒が飲めないキャバ嬢&ホステスがどしどし稼ぐための方法

 夜のお仕事は、楽しくおしゃべりしながらお酒を美味しく飲むのが必須です。
 とは言っても、お酒に弱い人、お酒を飲めない体質の人もいますよね。「お酒に弱いから夜の仕事が出来ないかも…」とお悩みの女性もいらっしゃるかと思います。
 お酒が飲めなくても、しっかり稼いでいるキャバ嬢やホステスさんも少なくありません。お酒が飲めない人が稼ぐためのポイントをお伝えします。

キャバ嬢&ホステスの本分は「夢を見せてあげる」こと


キャバ嬢・ホステスのお仕事は、「お客さんと楽しくおしゃべりして、美味しくお酒を飲んでもらうこと」ですよね。
お客さんと一緒になって、女の子たちもお酒を飲んで、その場を盛り上げるイメージが強いと思います。
しかし、お客さんと女の子は、当然ですが「対等」ではありません。この仕事の真価は、「お客さんに夢を見せてあげること」にあります。
どんな人も、普段は頑張って働いています。気に入らない取引先に頭を下げたり、思うように動かない部下に悩まされたりしながら、ストレスを抱えて生きている人がほとんどです。
キャバクラやクラブに来るお客さんは、そういう男性たちです。
ストレス発散でお酒を飲みたいだけなら、他にいくらでも安い店がありますよね。それを、なぜ高い料金を支払って、キャバクラやクラブに来店するのか?
その理由は、
○着飾った綺麗な女の子たちに囲まれて嬉しい
○王様気分になれる
○モテ男の気分を味わえる
こういう特典がついてくるからです。
実生活で女の子にもてる人なんてごくわずかです。でも、キャバクラやクラブでは、綺麗な女の子たちが自分の話を聞いてくれ、褒めてくれて、真剣に相手をしてくれるのです。
少しの間厳しい現実を忘れて、楽しい夢を見るために、お客さんたちはキャバクラやクラブに来るのです。
つまり、お客さんを気持ちよくさせてあげる接客さえ出来れば、お酒が飲めるかどうかは関係ないのです。
実際、まったくお酒を飲むことなく、お店で安定した売上をキープしている人、売上ベスト3に毎月食い込んでいるというツワモノも存在します。

「飲んだら慣れる」はホントだけど…


お酒を飲めるかどうかは、人それぞれの体質によります。肝臓の分解能力が高く、たくさん飲んでも酔っ払わない酒豪体質の人もいれば、ちょっと飲んだだけで顔が赤くなって、すぐ酔ってしまう人もいます。
これは、肝臓がアルコールを分解するための酵素の量で決まります。遺伝子レベルで決まっていることなので、その体質は本人の意思とは関係なく、一生変わることはありません。
ただし、お酒を分解するための酵素は、お酒を飲む機会を重ねるにつれ、耐性がついていく性質を持っています。「飲めば飲むほど強くなる」という俗説は本当のことなのです。
しかし、身体の元々の体質を無視して、無理をさせ続けることになるので、身体に悪いことには違いありません。
日本人は本来、アルコールの分解能力が低い人が多い人種であると言われています。中には、アルコールをまったく飲めない人もいます。
アルコールを分解する酵素が存在しないので、お酒を飲んではいけない体質です。そんな人にイッキ飲みなどさせてしまうと、急性アルコール中毒で倒れ、救急車で搬送…ということになりかねません。症状が重い場合は死に至ります。
アルコールに対してアレルギーを持っている人もいます。これも、アルコールそのものを受け付けない体質なので、決して体内に入れてはいけません。
お酒が弱い人、飲めない人は、自分の体質をよく理解し、無理のない方向で働くやり方を考えていくべきです。
体質を無視して無茶をすると、悲惨な結末を迎えることになります。

お酒が飲めない人は工夫が必須!


お酒が飲めないなら、そもそも「水商売で働くな!」という声が聞こえてきそうですが、前にも述べた通り、お酒が飲めないからと言って、キャバ嬢やホステスの仕事が出来ないということはありません。
働き方を工夫することで、水商売の仕事を続けることは可能なのです。
ただし、お酒を飲めない先輩たちが、自分なりの方法を編み出しているのも事実。
それらを参考に、お酒を飲めない人がキャバ嬢・ホステスの仕事で稼げるようになるための方法をご紹介していきましょう。

①面接でしっかり伝える

まずは、どういうお店で働くか、お店をしっかり選ぶことです。
お酒が飲めない体質は、飲める人と比べて確かに不利です。面接で落とされてしまう可能性も高くなりますが、それをごまかして合格したところで、あなたにとってよい結果とはなりません。結局、働くときにも苦労するのは目に見えていますので、面接では「お酒が飲めない」ことをしっかり伝えましょう。
言ったとたん、面接担当者の態度が変わったり、「じゃあ全然ダメだね」というようなことを冷たく言われたり、という経験をした人も多いようです。
でも、この対応で傷つく必要はまったくありません。
面接とは、あなたがお店側に選ばれるだけではありません。あなたがお店側を審査して、「自分が働くのにふさわしいかどうか」を見きわめる場でもあるのです。
そんな対応をするお店は、あなたにふさわしい店ではなかった。ただそれだけのことです。
気持ちを切り換えて、次に行きましょう。
ただ、お酒が飲めない不利を理解して、それをカバーするだけの長所をアピールする必要はあるでしょう。
お店側としても、「指名を取れそうな子だな」と思えば、採用したいと思うもの。やる気や誠実さ、自分が持っているスキルを存分に訴えましょう。
募集の要項に、「ソフトドリンクOK」などと書かれている場合もあります。こう書いてあるお店を選んで応募するのもいいでしょう。
頑張って指名を取りそう、一生懸命働いてくれそうとお店側が判断すれば、お酒を飲めなくても面接に通る可能性は十分あります。
手間を省くために、事前に電話やメールで「本当にお酒が飲めないのですが、大丈夫ですか?」と確認しておくのもいいかもしれませんね。

②お店側と連携プレー

お酒を飲めない女の子に対応してくれる店では、フェイクドリンクを出すところがほとんどです。
フェイクドリンクとは、一見アルコールに見えるけれども実質ノンアルコールのドリンクのことです。
注文のとき、ある決まった合図をすることで、お店はお酒が飲めない女の子だけにフェイクドリンクを出してくれます。
この連携プレーをスムーズに行うことで、お客さんにはフェイクと気づかれずに済みます。

③ヘルプの女の子と協力

あなたが指名されて席に着いた場合、ヘルプの女の子の協力が不可欠です。
お店には、他にお酒が飲める子が必ずいるはず。出来れば、お酒が好きな子と仲良くなって、ヘルプについてもらうようにしましょう。
酒豪キャラの子にお酒の相手を担当して貰って、あなたはトークで席を盛り上げる、などのチームプレーが出来れば、お酒が飲めないハンデをかなりカバーできるはずです。

④飲んでいるかのような雰囲気作り

お酒を飲むお客さんは、基本的に飲める女の子が好きなもの。自分がお酒を飲んでいるのに、相手はソフトドリンクを飲んでいると、気分がしらけてしまうという人がほとんどでしょう。
自分が飲んでいるのがフェイクと気づかれないためには、お酒が入って酔っちゃった、という演技も多少必要です。素面だと恥ずかしいかもしれませんが、ここは女優になって演じきりましょう。
楽しいお酒の飲み方をする他のキャストを観察しておいて、真似するのもいいかもしれません。

⑤親しくなったお客さんに打ち明ける

距離が近くなったら、お客さんにお酒が飲めないことを伝えてしまうという方法もあります。
「実はね、他のお客さんには内緒にしてるんだけど…」とか、「○○さんだから言ってもいいかな」などと前置きして、「あなたは特別」という雰囲気を醸し出してから、
「お酒が飲めないの」
「お医者さんから飲んではいけないと言われている」
などと打ち明けると、意外と受け入れてもらえるものです。
男性は、気に入った女の子が弱みを見せてくれると嬉しいものです。また、「自分だけ」という特別扱いされて、イヤな気がするお客さんはほとんどいません。
こうしたお客さんを増やしていき、どんどん楽な環境を作っていく、という方法もあります。

さらに売上を伸ばすためには?


お酒が飲めなくても、指名を増やすための必須テクニックをさらに紹介していきます。
勉強必須で、上級者向けのテクニックになりますが、売上を伸ばすキャストは、皆それぞれ地道な努力を積んでいるものです。

①基本のマナーは外さない

お店で働く女の子たちは、社会常識に欠けている場合もしばしばあります。
お店に来てくれるお客さんは、厳しい社会で働いている人がほとんどです。そのため、女の子たちのマナーには、意外とシビアな目を向けている場合もあります。
その場では指摘しなかったとしても、指名に繋がるチャンスを自ら棒にふっているかもしれません。
マナーがしっかりしていると、「この子はきちんとした子だな」と好印象を持って貰え、指名に繋がるかも。
「きちんとした子を雇う店だな」「教育がしっかりしているな」とお店の印象もアップするので、お店にとってもいいことなのです。
お酒が飲めないキャストは、既にひとつハンデを持っていることを意識して、その分失点を減らしましょう。
おしぼりや灰皿の扱い方など、基本のテーブルマナーはしっかり勉強しておくことをおすすめします。

②お酒をきちんと作る

お酒には、種類に応じて「作り方」「注ぎ方」があります。
例えばビール。ビールの美味しさは、温度と泡が命です。グラスを傾けて、泡が立たないよう静かに注いだ後、後半はグラスを立て、細やかな泡が立つように注ぎ入れるなど、繊細なテクニックが必要なのです。
ワインにも、注ぐときのボトルの持ち方がありますし、水割りやロックを作って出す場合にも、マドラーでステアするのにはコツが要ります。
ポイントを押さえてお酒を提供できるキャストは、「さすがプロだな」とお客さんからも一目置いてもらえるでしょう。

③お酒について勉強する

お酒が好きな人は、お酒についてのうんちくも好きな場合が多いです。お酒にはそれぞれ歴史があり、有名な産地や醸造所があったりします。
お客さんが語るうんちくについていけるくらいには、お酒のことを知っておくと、話題も広がって、喜ばれるでしょう。
お酒の世界も奥が深いのです。

④シラフのメリットを生かす

接客には、細かな気配りが欠かせませんが、お客さんのお相手をしてお酒を飲んでしまうと、やはり徐々に酔いが回ってしまうものですよね。
その点、アルコールを一滴も飲んでいない場合は、冷静さを保つことが出来るので、この点は有利と言っていいでしょう。
せっかくなので、シラフを保っているメリットを十分に生かしましょう。
売れっ子キャバ嬢がしている努力のひとつに、「お客さん一人一人の情報を覚える」というものがあります。
指名してくれるお客さんの顔と名前はもちろん、会話に出た情報を書き留めておいて、次の来店時に盛り込むのです。お客さんは、「他にもたくさん客がいるのに、自分一人のことをこんなに覚えてくれていた」と感動します。その感動が、また次の指名に繋がるのです。
覚えるにしろ、メモを取るにしろ、シラフでいる方が圧倒的に有利です。お酒が飲めないキャストさんは、是非このテクニックを駆使してください。
もちろん、メモはお客さんの目が届かないところで取ってくださいね。

⑤勉強の枠を広げる

よいお店ほど、客層もよいものです。よいお客さんは、キャストにボディタッチしたり、下ネタを振ったりせず、綺麗な遊び方を心得ているものです。有能なビジネスマンは、キャバクラやクラブでの時間を楽しみつつ、お店側にとってはビジネスであることも理解しているので、女の子に無茶ブリもしません。
そうした良店に当たったら、是非接客スキルを磨くべく頑張ってみてください。
高級店のママやホステスたちは、お客さんが属している世界の話題にも強くなろうと、日々勉強を欠かしません。経済ニュースに目を通したり、株価の変動を見ている人もいます。
お店で砕けた会話を楽しんでいたとしても、日常の話題もぽろっと出てしまうもの。それを上手に拾って、見事に返せば、「おっ、この子デキるな」とお客さんの印象に強く残るでしょう。
この場合も、酔っ払っているよりは、シラフでいる方が有利です。

まとめ:お酒を飲めなくてもキャバ嬢&ホステスで稼げる!


いかがでしたか?
お酒を飲めないということは、確かにキャバ嬢やホステスの仕事には不利な面もありますが、そこをカバーするものがあれば、キャストとして働いていくことは出来ます。
キャバ嬢やホステスの仕事に大切なのは、たくさんお酒を飲めることではないからです。
ハンデがある分、他を補って、しっかり成長していけば、売れっ子になるのも夢ではありません。
是非、自分に合ったお店を見つけて、夢に向かって頑張ってみてくださいね。