ヘルプでスキルを磨け!稼げるキャバ嬢になるためのヘルプ術

<!–[CDATA[ キャバクラに入って、まずやらされるのがヘルプ嬢の仕事です。指名を取れるキャストと違って、ヘルプにはバックも少ないですが、いずれ指名を貰えるようになるためには、避けては通れない道です。  売れっ子キャバ嬢を目指すために、ヘルプにつく際の心得をまとめました。

ヘルプとは?

 ヘルプとは、お客さんから指名されたキャストと一緒に席につく仕事のことです。  売れっ子キャストは、指名がかぶることもありますので、一人のお客さんにずっとついて接客することが出来ない場合も多々あります。こういうとき、ヘルプで入ったキャストが場を繋いで、指名キャストが席に戻ってくるまでもたせるわけです。  お店に入ったばかりの新人には、まだ指名してくれるお客さんもいませんから、必然的にヘルプの仕事からスタートすることになります。

ヘルプ嬢の仕事内容

 ヘルプで入った場合、お客さんは指名キャストの客なので、ヘルプには責任がないと思われがちですが、ヘルプはヘルプで、果たすべき重要な役割があります。

①指名キャストについて接客スキルをみならう

 ただニコニコ愛想を振りまいてお客さんの相手をしていても、指名を取れるようにはなりません。売れっ子には「売れる理由」があるのです。  指名を貰えるキャストは、指名を取れるトークスキルを持っているものです。ヘルプについている間、先輩キャストの技をしっかり見て学ぶことも、ヘルプキャストの大事な仕事です。

②指名キャストを立てる・場をつなぐ・盛り上げる

 指名キャストが不在の間、お客さんが退屈してしまったり、手持無沙汰に感じてしまうようでは、リピート来店してもらえないかもしれません。指名キャストが席に戻るまで楽しんでもらえるよう、その場を盛り上げるのもヘルプキャストの仕事です。  かといって、自分が指名キャストを差し置いてお客さんと盛り上がってしまうようではやり過ぎです。その席の主役は、あくまで指名キャストです。常に指名キャストを立てて、「自分は二の次」という態度を崩さないようにしましょう。  お客さんに連れがある場合、この場つなぎをしっかりやれば、お連れのお客さんから指名を取れるかもしれません。

ヘルプがやってはいけないこと

 ヘルプの仕事について、特にこれといってマニュアルはありません。 しかし、ヘルプがしてはいけないことというのは、暗黙のうちに決まっています。  お互いに気持ちよく働くために、以下のルールは順守しましょう。

①連絡先の交換

 ヘルプで入った席のお客さんに営業をかけてはいけません。携帯番号やメールアドレスの交換は禁じられています。  中には、指名キャストが不在の間、「キミ、可愛いね」と口説いてくるお客さんもいるかもしれません。しかし、向こうから連絡先を聞かれたとしても、教えない方がいいでしょう。指名キャストからすれば、「私のお客さんを取ろうとしている」としか思えません。  指名キャストの耳に入らなければいいのでは?と、こっそりお客さんの誘いに乗ってしまうケースもあります。しかし、そういうのは不思議とばれてしまうものです。  もめごとの原因を作ると、他のキャストにも嫌われますし、お店にも大事にして貰えません。トラブルの種をまくのはやめておきましょう。

②名刺を渡す

 名刺を渡すのは、連絡先交換と同様に、営業行為とみなされます。キャバ嬢が名刺を渡すのは、「指名してください」と言っているのと同じだからです。  いかにお客さんから指名を多く取るかでキャバ嬢の価値が決まるので、他のキャストのお客さんを横取りする気だと受け取られる行為は、非常に嫌がられます。   抜け駆けになってしまうので、してはいけない行為のひとつです。

③ドリンクをねだる

 ヘルプでついた席で、自分からドリンクをねだるのもNGです。  ドリンク代のバックがあるお店もありますが、そのお客さんにおよそ幾らほど使ってもらうかは、指名キャストが計算しています。  ヘルプ嬢にドリンクをねだられて、その場では笑ってつけてくれたとしても、もしかすると予算オーバーだったかもしれませんよね。すると、あの店は高いからもう行かない、となってしまう恐れもあるわけです。  指名を取れるキャストは、お客さんに気持ちよくリピートしてもらうために、様々な計算をめぐらせています。ヘルプ嬢がそれを邪魔してはいけません。  ただし、お客さんの方から気前よくご馳走してくれるときは別です。お礼を言って、気持ちよくいただきましょう。

④指名キャストの情報を漏らす

 指名キャストが不在のとき、そのキャストについては、出来るだけ話さない方がよいです。  例えば、お客さんが指名嬢に高級チョコレートをプレゼントしたとしましょう。「うわー嬉しい!チョコレート大好きなの!」とキャストが受け取りますよね。  しかし実はチョコレートが嫌いで、貰ったチョコレートも後輩の子に全部あげていた、なんてこともあるかもしれません。  すると、好き嫌いの話でうかつに「○○ちゃん、チョコレート嫌いなんですよ。珍しいですよね」なんて話してしまうと、指名嬢もお客さんも気まずい思いをする羽目になります。  キャバクラに限りませんが、接客の仕事には、こうした方便がつきものです。指名嬢の情報をうかつに漏らすと、お客さんが「あれ?」となってしまうことに繋がりかねません。  個人情報は出来るだけ言わない、これがヘルプにおけるマナーです。

⑤くっついて接客する

 接近接客といって、身体をべたべたくっつけて接客するのもマナー違反です。  お客さんは喜ぶかもしれませんが、やはり指名嬢からお客さんを奪おうとしているように見られるからです。  キャバ嬢の仕事は、スタンドプレーのように見えて、実はチームワークが大事な面も大きいのです。  他のキャストとの関係を悪くするような行動は控えましょう。

ヘルプが上達するメリット

 ヘルプで席に入っても、指名料やバックには繋がらないので、メリットが見えづらいですよね。  でも、ヘルプでしっかりスキルを磨けば、必ず自分の財産となるはずです。

①同伴客の指名がもらえる

 ヘルプで入って気に入られたら、同伴したお客さんが次回来店したときに指名をもらえるかもしれません。  また、このお客さんにはこの子をヘルプにつけよう、と指名嬢が決めてくれたら、場内指名を貰えるチャンスもあります。  こうした地道な努力が、後々の指名に繋がっていくのです。

②先輩キャストに可愛がられる

 指名キャストからすれば、自分がいない間に席を盛り上げてくれるヘルプは、大変ありがたい存在です。ヘルプ嬢が頑張ったとしても、売上は指名キャストのものです。それを知っていながら、精一杯頑張ってくれる子は、先輩キャストに可愛がられるでしょう。  どのキャストも、ヘルプからスタートしていますので、ヘルプばかりの新人時代の苦しさをよく知っています。売上トップの嬢ほど、ヘルプの嬢にも気配りが出来るものです。ごはんを奢ってくれたり、衣装のおさがりをくれたりと、何かとサポートしてくれるでしょう。  キャバ嬢の世界は、数年で辞めていく人がほとんどです。仲良くしていた先輩キャストが辞めるとき、お客さんをごっそり引き継げる特典がついてくることも多々あります。  そうなると、指名キャストへ昇格です。ヘルプ嬢は、これを目指して頑張ると言っても過言ではありません。

③店の売上に貢献できる

 指名を多く取るキャストは、確かに店の売上に大きく貢献していると言えるでしょう。でも、その嬢一人の力で売り上げを上げているわけではありませんよね。  お店を回す従業員全体が協力して初めて、売上を上げることが出来るのです。 ヘルプ嬢もボーイも、チームの重要な一員であることには変わりありません。  指名キャストとお客さんの話に、横から茶々を入れたり、絶妙なタイミングでツッコミを入れたりと、ヘルプのスキルに優れたキャストもいます。そうしたキャストは、自分の主張はしませんが、指名キャストとお客さんの会話を盛り上げるのに役立っているわけです。  そうしたスキルは、指名嬢にも重宝されますし、お店でもちゃんと見ています。  必ずいつかは報われると信じて、頑張ってみてください。

④トークスキルがアップする

 ヘルプに入った場合、お客さんと何を話せばいいのか分からない…と悩むキャストも多いようです。  確かに、お客さんは指名キャスト目当てで来ているわけですから、ヘルプ嬢に興味はありません。指名嬢が不在になると、ヘルプ嬢に対して「お前と話しにきたわけじゃないんだけど…」という態度をあからさまに見せるお客さんも中にはいます。  ここでめげずに、場を適当に和ませなければいけないわけですから、最初は相当きついですよね。でも、ここを乗り切れば、強いメンタルが鍛えられることは間違いありません。  お客さんが興味のありそうな話題を探したり、指名嬢の裏話(個人情報は除く)を話したりと、精一杯頑張る姿勢を見せれば、お客さんも認めてくれるものです。そうして経験を積むうち、自然とトークスキルが磨かれていくはずです。  トークスキルは、キャバクラに限らず、どんな場面でも持っていて損することはありません。

ヘルプ嬢に必要なこと

 このように、直接自分の売上には結びつかないとしても、ヘルプの仕事は大切です。  さらに上に行くためには、ヘルプのうちから高い志を持つことが重要です。

①感謝の気持ち

 キャバクラは、お客さんの人気が高く、売上を上げてくれるキャストが高額の報酬を手にすることが出来るシステムです。  指名バックや売上バックを稼ぐ指名嬢を見ていると、ヘルプの仕事をばかかばかしく感じてしまうこともあるかもしれません。  でも、ヘルプで入ったとしても、時給が発生していますよね。あなたは直接売上に貢献しているわけではないのに、お給料をもらうことが出来ているわけです。  そのお給料はどこから来ているのか?と考えてみると、それは勿論、お店でお金を使ってくれるお客さんであり、お客さんにお酒を勧める指名嬢の腕なわけです。  もらっている給料の分は、指名嬢やお店に貢献しなければ、という感謝の心が、ヘルプ嬢には大切です。

②向上心

 ただ漫然と勤めていても、指名を取れるようにはなりません。繰り返しになりますが、ヘルプでついている間、指名を取れる嬢の技を盗むのも大事な仕事です。  そのためには、「どうやったら本指名に繋げることが出来るか?」と常に考えておかなくてはなりません。売れるキャストは、そうでないキャストと比べて、必ず何か努力しているはずです。  色々なお客さんと話が出来るように、経済やゴルフについても勉強しているキャストもいます。綺麗なお肌をキープできるよう、美容費に大枚をはたいているキャストも少なくありません。  お酒があまり飲めない代わり、トークだけは誰にも負けない!というNo.1キャバ嬢もいます。  大事なことは、お店にたくさんいる女の子の中から選んでもらうために、自分にしかない強みを見つけ、それを磨いていく向上心です。

③将来の目標

 キレイな格好が出来て楽しそうだから、と気軽にキャバ嬢の仕事を始める人も少なくありません。が、始めてみると分かる通り、キャバ嬢の仕事は見た目ほど楽ではありません。あまり好きではないお客さんとも楽しそうに話をしなければなりませんし、他のキャストにも気を使います。これといった目的がないと、予想以上のしんどさに音を上げて、早々に辞めてしまうことになります。  売れっ子の嬢になる子の多くが、明確な目標を持っています。例えば、いついつまでに百万円の売り上げを達成する、という目標を立てたとします。すると、お客さんの指名をどれくらい取ればいいのか、逆算出来ますよね。そのためには、週に何度同伴を入れる、1日にどれだけ営業メールを出す、など、具体的な行動目標を決めることが出来ます。  営業メールも、出しても無駄なことがほとんどです。が、100件200件と数多く出すうち、当たる件数も増えてきます。売れるキャバ嬢は、結果を出すために、多くの無駄な労力を厭わずに努力しているのです。

まとめ:ヘルプで修行を積んでNo.1を目指せ!

 いかがでしたか?  どうせキャバ嬢の仕事をやるなら、本指名をばんばん取れる売れっ子キャストを目指したいですよね。ヘルプは、そのための修行としてうってつけです。  ヘルプで真面目にスキルを磨いて、是非No.1を狙えるキャバ嬢になってくださいね。

 

【PR】キャバドレスならdazzystore

キャバドレス王道の専門ショップ。一度は目にしたことがある方もいるはず。
低価格なのに高品質として評判がいいドレス通販サイトとして有名です!
キャバドレスをはじめサンダルやカラコン小物まで魅力的な商品を毎週月、水、金、に入荷しています。そのため最新のアイテムをいち早く取り入れることができます!
1,900円代のドレスもありリーズナブルな価格も魅力です!
自社で企画したオリジナルドレスや、ブランドとコラボしたアイテム等も手掛けており豊富な品揃えが人気!17時まで即日出荷(※土日祝15:30)10,000円以上で送料無料です。
https://dazzystore.com/